ベルタマザークリーム
(ベルタ)

ママたちの総合評価

ナチュラルマーククリーム(ママ&キッズ)

ママたちの総合評価

マタニティクリーム
(AFC)

ママたちの総合評価

妊娠線予防の効果を上げるには?【妊娠線ケアの基礎知識】

意外と知らない!?
妊娠線予防
の基礎知識

まさるが最愛の妻・めぐみのために調べた、妊娠線の基礎知識を徹底解説!ケアをはじめるタイミングや、妊娠線ができやすい人のタイプ、できる時の予兆なども、わかりやすく紹介します。

woman

妊娠線予防のきほんを徹底紹介!

そもそも妊娠線とは、出産でお腹が大きくなることで皮膚が割れてできてしまう、セルライトのような線のことをいいます。早い人では妊娠初期からできはじめて、一本できるとみるみる増えていき、出産後に妊娠線まみれになってしまうことも…。
できてしまった妊娠線は、レーザー治療などでも消せないので、一生、体に跡として残ってしまいます。出産の勲章といわれることもありますが、女性にとっては、体に跡が残るのは絶対に避けたいことですよね。
産後も美しさをキープするために、事前に正しい知識を身につけて、妊娠線を徹底的に予防しましょう。

妊娠初期 妊娠中期 妊娠後期

妊娠線を予防するうえで大切なことのひとつが、ケアをはじめる期間です。理想は、まだお腹が大きくなっていない妊娠初期(2~3ヶ月)から専用クリームでケアすること。

この時期にしっかり肌質を作っておくことで、お腹の皮膚は柔らかく伸びやすくなり、いざお腹が大きくなった時にも、ヒビ割れしにくい状態でいられます。

妊娠中は、初期、中期、後期と、時期によって体調やお腹の大きさも変わってくるもの。つわり中は、無香料の製品でケアしたり、臨月になったらより入念な保湿が必要です。それぞれの時期に適したケアを行うことで、妊娠線予防の効果を高めることができます。

詳しく見る

妊娠線ができやすい人・できにくい人

妊娠線には、できやすい人とできにくい人がいます。体質や遺伝的な原因でできやすいのは、乾燥肌の人、母親に妊娠線がある人など。妊娠時の状態では、急激な体重増加、バストのサイズアップ、双子や三つ子ちゃんなどの多胎妊娠の場合などは、妊娠線ができやすいので注意が必要です。

どれかひとつでも当てはまれば、妊娠線ができる可能性は高まるので、より入念にケアは行いたいですね。

もともと体の大きな人や、20代前半までの出産では、妊娠線はできにくいともいわれていますが、必ずしもできない保証はないので、予防はしておくに越したことはないでしょう。

詳しく見る

気付いたらできてた、という人も多い妊娠線ですが、実際にはできる時に予兆を感じているママ達も多くいます。

中でも多かった意見は、肌にかゆみが出てくる、ツッパリや乾燥がある、ピリっとした痛みがある、皮が剥ける、など。これらの状態を感じた時には、すでに妊娠線ができていたというケースが多いようです。

予兆がおきやすいのは、体重が増えはじめる妊娠中期(5~7ヶ月目)や、おなかがせり出してくる妊娠後期(7~10ヶ月)。すでに予兆がおきてからでは手遅れともいえるので、妊娠線予防は早い時期から行うことが大切です。

詳しく見る

妊娠線予防クリームは、赤ちゃん用品専門店やドラッグストア、ネット通販などで購入することができます。ベビー服も一緒に購入したい、実際に使ったことがあるママの声をじっくり調べたい、とにかく安く購入したいなど、希望にあわせてどこで購入するかを決めましょう。

ただ、いざ買おうと思ってお店に出かけても、使用時期や用途が限定されているグッズなので、実店舗では取り扱いがあるかどうかわかりづらいことも。通販サイトはレビューや口コミで使用感がチェックできるため、アクティブに動きづらいプレママでも手軽に購入できる手段として人気を集めています。

詳しく見る

妊娠中にしっかり妊娠線防止のためのケアをしているママでもある日突然妊娠線ができてしまうことがあります。一度できてしまった妊娠線はもう二度と消すことができないの?と不安に思っているママも多いはず。

元通りに完全に消すことは難しいかもしれませんが、産後も適切な保湿や生活習慣を続けていくことで、ある程度目立たなくすることは可能です。すぐに目に見える効果はわかりにくいですが、継続することで徐々に効果が表れてきますので諦めずに対処することが大切です。産後の妊娠線を目立たなくするための基礎知識を知っておきましょう。

詳しく見る

妊娠線は、予防してもできる可能性があることをご存知でしょうか。急激に大きくなってしまうお腹や、妊娠中は肌が乾燥しやすくなってしまうことがその原因。特に乾燥肌の人は皮膚に柔軟性がないため、潤いのある人と比較すると妊娠線ができやすいという傾向があります。だからと言って、まったくケアしないのもいけません。妊娠線がさらに濃く広範囲につき、目立ってしまう結果になることも。妊娠線予防クリームを使えば、乾燥しがちな肌に潤いを与えられます。妊娠線が現れるにしても、ケアしないよりは目立たなくなる可能性が十分にあるでしょう。

詳しく見る

妊娠線予防のために大切なのは、適切な時期までケアを続けるということです。妊娠中はしっかりケアをしていても、出産後は赤ちゃんのお世話にかかりっきりになってしまって、ママ自身のケアがおざなりになってしまうことも。しかし妊娠線を作らないためには、産後もケアを継続することが大切です。

特に、急激にお腹のサイズが変化する産後すぐから1ヶ月後くらいまでは、ケアをしっかり行う必要があります。そのあとは、バスト中心のケアに切り替えてみてください。授乳による肌トラブルを回避するためにも、バストへのケアは産後1ヶ月を過ぎてからも続けるのがベストです。継続してケアを続けていくためにも、お気に入りのケア用品を見つけましょう。

詳しく見る

めぐみ&まさるからひとこと

まさる

こうやって調べてみると、妊娠線について知っておくのと知らないのでは大違いだよね。最愛の妻に一生キレイでいてもらうためには、僕はこれを奥さんが妊娠してる世の男性にも読んで欲しいくらいだ。

めぐみ

ホントまさるは大げさだよね。でもたしかに、妊娠線は一生できると消えないものだから、早いうちからいろいろ調べたり、正しいケアをすることは大事よね。うちには、ウルサイ旦那さんがいてくれて助かってるのかも♪

よく読まれている
ページ