ベルタマザークリーム
(ベルタ)

シラノール誘導体入り

ナチュラルマーククリーム(ママ&キッズ)

育児誌で口コミ人気1位

マタニティクリーム
(AFC)

葉酸入り保湿クリーム

できてしまった妊娠線は産後もう消せないの?

妊娠中に頑張ってケアしていてもうっかり妊娠線ができてしまうこともあります。一度できてしまった妊娠線は薄くなることなく一生残っていくのでしょうか?実際に産後のママの体験談やできてしまった妊娠線ケアなどについてご紹介します。

うっかりできてしまった妊娠線!
産後にできるケアとは?

どれだけ妊娠中に気を付けていても急激にお腹が大きくなったり、乾燥がひどかったりすると妊娠線ができてしまうことがあります。でも産後でもきちんとケアすれば完全に消せなくてもある程度薄くすることができるんです。ここでは産後に妊娠線を目立たなくする方法をご紹介します。

クリームやオイルで念入りに保湿

妊娠中は保湿ケアを念入りにしていても、産後は赤ちゃんのお世話に手を取られてなかなか自分のケアが疎かになりがち・・・妊娠線ができてしまったあとも、あきらめずにしっかりクリームやオイルで保湿することで乾燥を防ぎ徐々に薄くすることが可能です。クリームタイプ、オイルタイプどちらも保湿力はありますが、オイルを塗ってから仕上げにクリームを塗るなど合わせて使用するのもおススメ。夏場などべたつきを感じやすい時期にはクリームタイプ、冬場はオイルタイプなど季節に合わせて使用するのもいいかもしれません。

新陳代謝を高める

顔のターンオーバーは約28日と言われていますが、角質層よりも深い部分の新陳代謝は約8か月とも言われています。体の細胞が入れ替わるまでに正しい食事と適度な運動で新陳代謝を高めることができます。しっかり3食規則正しく食べて、なるべく温かい飲み物を取るなど意識しましょう。また赤ちゃんのお世話をしながら運動は難しいかもしれませんが、簡単なストレッチや半身浴でも代謝を高めることができますので地道に努力することが大切です。

ダーマローラーを使う

ダーマローラーとは専用のローラーに長さが約0.5~1.2mmの細い針がついている器具です。そのローラーを転がしてわざと妊娠線の部位の角質に傷をつけ、表皮の再生を促す方法です。傷をつけることで早く傷を治そうとコラーゲンが生成され角質剥離が起き新しい皮膚がでてきます。ただし、針を使用するので痛みがあり、人によっては麻酔クリームなどを併用する場合もあります。

クリニックで治療する

美容皮膚科などのクリニックでレーザー治療を受け妊娠線を薄くしたり、妊娠線のある皮膚部分を切除して縫い合わせたりする手術などがあります。ただし、痛みやダウンタイムもあり費用も高額になるため気軽に行うことは難しいかもしれません。

妊娠線ができてしまった
先輩ママの産後のケア方法は?

実際に妊娠線ができてしまったママ達の産後のケア方法についての体験談を集めてみました。やはり手軽に行えるクリームなどでの保湿が人気のようです。参考にしてみてください。

お腹だけでなくお尻や二の腕のケアも徹底

妊娠中と変わらずお風呂上りに妊娠線専用クリームで保湿をしていました。妊娠線って実はお腹だけでなくお尻や二の腕などにもできるんですよね。だから全身しっかり保湿して、お腹は産後ガードルなどで締め付けない程度に固定していました。妊娠前と同じとはいきませんが、目立たなくなりました。

1年ほどで徐々に綺麗に…

産後もクリームでの保湿を続けていましたが、なかなかすぐに効果は感じられませんでした。でも1年ほど続けていたらいつの間にか薄く綺麗になっていました。あきらめずに保湿を続けて良かったです。

再びビキニを着ることができました…!

妊娠線ができたショックでクリニックでのレーザー治療なども考えましたが、ダウンタイムや副作用が怖かったので、とにかくお風呂上りの保湿を徹底していました。産後半年くらいで体重が元に戻ったころには体形もすっきりして赤っぽかった妊娠線も白く目立たなくなりました。おかげで夏にはビキニを着ることができました。

まずは手軽に
リスクなく始められる
保湿ケアを徹底して

産後に妊娠線を少しでも薄くするためにはやはり一番大切なのは保湿です。毎日自宅でクリームを塗るだけなら赤ちゃんのお世話で忙しいママでも手軽に始められますよね。保湿できるものには、化粧水のようなローションタイプ、保湿力の高いオイルタイプなどいろいろありますが、クリームタイプがべたつきもなくしっかり保湿されるので一番使いやすいと思います。また、産後の体は敏感になっており、香料や添加物がたくさん入ったクリームの場合刺激で肌荒れを起こすことも。高い保湿力がありながらも、皮膚に優しいクリームを選ぶことが大切です。また、保湿だけでなく規則正しい食生活や適度なストレッチなどで徐々に産前の体重に戻していくことで妊娠線が目立たなくなったという声もありますので無理をしない程度に緩やかに体形管理をしていきましょう。

めぐみ&まさるからひとこと

まさる

妊娠線は出産の勲章だからそれも一つの魅力だと思うけどな…一生懸命お腹の中ですくすく赤ちゃんが育ってくれた証として誇らしいと思うよ。でも女性は自分の体に跡が残るのは気になっちゃうものなんだよね。毎日のクリームでのケアで少しでも薄くなるなら僕も一緒に探してあげるよ。

めぐみ

ありがとう。確かに赤ちゃんを産んだ証として誇らしい気持ちはもちろんあるけど、やっぱり産前の体に近づけたいっていう気持ちを女性はみんな持っていると思うの。温泉や海での人目も気になるしね。先輩ママの口コミにもあるとおり、すぐに効果が感じられなくても半年、1年経ったら目立たなくなってくるみたいだから、今日からしっかりセルフケアをしていかなくっちゃ!

よく読まれている
ページ