ベルタマザークリーム
(ベルタ)

ママたちの総合評価

ナチュラルマーククリーム(ママ&キッズ)

ママたちの総合評価

マタニティクリーム
(AFC)

ママたちの総合評価

妊娠線は予防してもできるって本当?

「ママになってもきれいでいたい」と、妊娠線ケアに取り組む女性は多いはず。しかし対策をしていても、体質や急激な体重増加の影響、お腹の大きさによってはできてしまう可能性があります。一度できてしまった妊娠線は消えづらいもの。せっかく予防しても妊娠線が現れてしまうのなら、ケアは無意味だと感じる方もいるかもしれません。

しかし、果たして本当に無意味なのでしょうか?妊娠線ケアの意義についてご紹介します。

予防してもできてしまうことはある

丁寧にケアしても妊娠線ができてしまう大きな理由は、上述のとおり体質によるもの。妊娠すると、急激な体重増加によって皮膚が急激に伸び、引き裂かれてしまいます。これが予防してもできる妊娠線の一番の原因だと言えるでしょう。

それと同時に、乾燥肌に傾いている方も妊娠線ができやすい傾向にあります。肌が乾燥すると皮膚の柔軟性が低下してしまうため、お腹が大きくなるにつれ皮膚が引き伸ばされてしまうのです。妊娠中はホルモンの影響で特に肌が乾燥しがちになり、より妊娠線ができやすくなります。

2人目以降の妊娠も、妊娠線ができやすいため注意。加齢の影響や子育てに時間をとられてスキンケアの時間がとれないなどの理由から、症状が現れる可能性が高まります。

予防しなければもっとできやすくなる

予防してもできかねない妊娠線ですが、ケアは決して無意味ではありません。予防しなければ、できやすい環境を助長させてしまいます。妊娠中はお腹が大きくなることに加えて、肌も乾燥しやすい状態。よって皮膚を柔軟に保つケアをしなければ、必然的に妊娠線ができやすくなってしまうことは言うまでもないでしょう。

過去の妊娠で症状が現れなかったため、油断して予防を怠ってしまうパターンも目立ちます。1回目の妊娠時に比べると、2回目以降は加齢の影響が重なることもしばしば。肌の潤いを保てなくなり、全身の乾燥が進むでしょう。

妊娠線ができてしまう原因はひとつではありません。ただきちんとケアしていれば、乾燥による影響は防ぐことが可能です。

妊娠線予防クリームを使ってケアしよう

妊娠線はケアすることで、リスクを最小限に抑えることができるでしょう。このとき活躍するのが妊娠線予防クリームです。妊娠線予防クリームは一般的な保湿クリームと違い、妊娠線を想定して作られています。ローションやジェルなどの妊娠線ケアも出回っていますが、クリームがベストでしょう。妊娠中に乾燥しがちな肌に油分を補い、柔軟さを与えながらすこやかに保ってくれます。

めぐみ&まさるからひとこと

まさる

予防してもできるなんて、妊娠線が想像以上に手ごわいってことがわかったよ。ケアしなければひどくなってしまう一方だし、今日からさっそく始めよう!肌がカサついてかゆくなったらかわいそうだし、めぐみにはずっときれいでいてもらいたいからね。

めぐみ

ありがとう。ついついスキンケアを忘れちゃうときもあるけど、妊娠中は乾燥しやすくて、妊娠線のできやすい条件だってことがわかった。今日からかかさずに妊娠線クリームで予防していくね!さっそく買いに行かなくちゃ。

よく読まれている
ページ