ベルタマザークリーム
(ベルタ)

シラノール誘導体入り

ナチュラルマーククリーム(ママ&キッズ)

育児誌で口コミ人気1位

マタニティクリーム
(AFC)

葉酸入り保湿クリーム

季節ごとの妊娠線予防ケア

妊娠線を予防するには、季節に合わせたケアをするのが大切です。ずっと同じ方法を続けるのではなく、湿度や紫外線など妊娠線を作る要素を踏まえてケアしましょう。

なぜ季節ごとにケア方法を変える必要があるの?

日本は四季が分かれているので、季節によって紫外線や湿度が全く違います。そのため、同じケアを続けていると肌荒れや乾燥をまねき、妊娠線ができやすくなってしまうことも。だからこそ、妊娠線を予防するためには季節ごとにケア方法を変えなくてはいけません。

妊娠線のケアはきちんと保湿することが基本です。というのも、妊娠線は皮ふのうるおいや弾力がなくなることが原因。紫外線や日焼けなどは大敵ですが、そもそも保湿ができていないと予防にはつながらないのです。だからこそ、どんな季節でも保湿を重視したケアを行うことが大切。保湿にプラスして、季節ごとのケアを進めていくのがおすすめです。

の妊娠線予防ケア

意外に思われることも多いのですが、春は四季の中でも紫外線がかなり強い時期です。

夏のほうが暑いからと紫外線対策を怠っていると、あっという間に日焼けして肌がダメージを受けます。そのまま放置していると、いつの間にか妊娠線ができていた…なんてことも。そのため、保湿クリームに加えてUVカット用の日焼け止めを活用しましょう。朝準備するときに妊娠線予防クリームを塗って、その上から保湿タイプの日焼け止めクリームを重ねると効果的です。

の妊娠線予防ケア

夏は日焼け止め+保湿のためのクリームを多めに使うのがおすすめ。日差しが強く暑いため紫外線に注意している人がほとんどです。

紫外線のダメージは大きいので、乾燥を防ぐためにも対策を万全にしておく必要があります。また、夏は湿気が多いからとエアコンを多用してしまい、肌が乾燥することも。1日中エアコンをつけっぱなしだと部屋の湿度は冬より低くなるので、乾燥は進むばかり。保湿のためにも、妊娠線予防クリームはたっぷりを意識づけてください。

の妊娠線予防ケア

夏が終わると、過ごしやすい秋がやってきます。秋の妊娠線予防として気を付けるべきは、服装です。

日中はうっすら暑い、朝夕は冷えるなど着るものを悩む季節ですが、妊娠線を防ぐならおなかに紫外線が当たらないような格好にしましょう。薄手の服や日射しを通しやすい服を着ていると、知らず知らずのうちに肌にダメージが蓄積されます。ケアしていたはずなのに妊娠線ができてしまった、なんてことがないよう、妊娠線クリームを使ったあとは薄く日焼け止めを塗っておくのが◎。

の妊娠線予防ケア

冬の妊娠線予防ケアは、他の季節よりも念入りにしておきましょう。いつもの保湿用クリームだけでなく、基礎化粧品でのスキンケアやうるおいを保つためのオイルなどを使って乾燥しやすい場所を守ってください。

冬の乾燥は11月下旬~3月まで続くこともあり、長期間のケアが重要です。手を抜かず、服の下の見えない場所までしっかり保湿しましょう。入浴時もゆっくりお湯につかって肌に水分を与えるのがベストです。

妊娠線のできやすい季節はいつ?

乾燥する季節に起こりやすいのが、おなか以外の部位に妊娠線ができてしまうこと。お尻や腕、脇などが乾燥しすぎて皮膚が伸びにくくなり、妊娠線を作ってしまうのです。湿度が低い秋~冬はおなか同様、乾燥しやすい場所に保湿クリームをしっかり塗っておくことをおすすめします。

季節に合った保湿ケアで妊娠線を予防できる

四季がある日本では、紫外線や湿度に合わせて季節ごとに適したケアをしましょう。妊娠線予防には、春から冬までそれぞれの季節に合わせた方法で対策することが効果的です。

効果的に妊娠線予防に欠かせない保湿はもちろん、紫外線が強い時期に必要な日焼け止めや肌の水分を補うための化粧水・オイルも使ってみてください。妊娠線ができやすい時期もあるため、念入りにケアするのが重要です。特に乾燥しやすい時期はおなか以外の場所に妊娠線ができることも。体の中でも外気に触れやすい部位は、保湿ケアをきちんと行いましょう。

めぐみ&まさるからひとこと

まさる

どんな時期でも保湿は欠かせないんだね。おなかだけでなく腕とかも気を付けなくちゃ。めぐみみたいに小柄な人は皮膚が伸びにくいっていうし、こまめに保湿クリームを塗ったり日焼け対策をしたりするのが良いかもしれないね。

めぐみ

乾燥するのは秋冬だけかと思ってたけど、夏も意外と乾燥しているのね。部屋でエアコンを使うことも多いし、ちゃんと保湿したほうがいいかも。腕とか脇ってあまり気にしなかったけど、伸びの良い保湿クリームを使ってまとめてケアしようかな。

よく読まれている
ページ