ベルタマザークリーム
(ベルタ)

ママたちの総合評価

ナチュラルマーククリーム(ママ&キッズ)

ママたちの総合評価

マタニティクリーム
(AFC)

ママたちの総合評価

プレママ必見!妊娠線予防クリームの失敗しない選び方【完全版】

なにを重視する?
妊娠線予防クリームの選び方

妊娠線予防クリームは、妊娠初期から出産まで毎日使い続けるものです。効果だけじゃなく、安全性、使い心地、コスパなども、事前にしっかりチェックして選びたいですね。プレママのために、製品を選ぶときの3つのポイントや、オーガニックコスメの違い、オイルとクリームの違いなどを詳しくお伝えします。

かしこい妊娠線予防
クリーム選びの

3つのポイント

  • point1

    妊娠線ケア「専用」の
    クリームを選ぼう

    有効成分、効果、使い心地も違う
    妊娠線専用クリーム

    妊娠線対策を行ううえで、まずおすすめしたいのが専用のクリームを使うこと。妊娠線専用クリームには、一般的な保湿成分だけじゃなく、肌のハリや柔軟性を高める、妊娠線を予防するための美容成分が配合されています。

    使い心地や、肌への優しさなども徹底してプレママ用に作られているから、毎日快適に安心してケアを続けられます。

    詳しく見る

  • point2

    無香料の
    妊娠線予防クリームを選ぼう

    妊娠中に使うなら
    香りつきより無香料が安全

    実は、化粧品の香料には肌への刺激がある成分が多いことをご存知ですか?エステルなどの合成香料をはじめ、天然香料で代表的な精油も、もともと肌への刺激は強いものです。

    妊娠中は、避けた方が良い精油もありますし、つわり中は匂いがダメになるママも少なくないもの。赤ちゃんへの影響も考えて、クリームは無香料を選ぶのが安心です。

    詳しく見る

  • point3

    コスパの良い
    妊娠線予防クリームを選ぼう

    出産まで使い続けるものだから、
    コスパの良さも見逃せない!

    妊娠線予防クリームは、妊娠初期から出産まで使って効果が得られるものです。効果を上げるためにも、コスパの良さは見逃せませんね。

    専用クリームはやや高価だけど、大容量タイプや定期購入割引などを活用すれば、1日あたりのコストは意外と手頃な製品も。量はケチると効果が落ちるので、全身にたっぷり使えるボトルタイプがおすすめです★

    詳しく見る

一度できてしまうと一生消えない妊娠線
クリーム選びには
じっくり時間をかけよう

まさる

妊娠線の予防には、保湿が大事って聞いてたけど、保湿すればどれでもいいわけじゃないんだね。成分や効果を考えると、やっぱり専用のクリームが安心だな。クリームはお腹に直接塗るわけだから、安全なものが一番だし、何よりめぐみの体に跡ができたら僕は困るからね。妊娠線は一生消せないから、めぐみも慎重に選ぼうね!

めぐみ

ほんとまさるは心配性なんだから。でも「アロマはリラックス効果があるから体に良い」って思ってたけど、妊婦さんだとそうじゃない場合もあるのね。つわり中に匂いが刺激になるのはツライしね。コスパの良さに関しては、使ってた人の口コミをチェックするのが良さそう。ちゃんと吟味して選ばなくちゃ!

まさる

そうだね。こうやっていろいろ調べておかないと、クリーム選びは失敗してしまうことが多そうだね。とくに妊娠中は安全性には、気を配りたいところ。めぐみのように「アロマやオーガニックは安全」と思い込んでる人は多そうだけど、実際はどうなんだろう?

びっくりマーク

ここにも注意!

  • 精油が皮膚への刺激にも!
    オーガニックが安全とは限らない

    オーガニックの妊娠線予防クリームによく使われる精油は、もともと希釈して使わなければならないほど、皮膚への刺激は強いものです。妊娠中には避けた方が良い精油も多く存在します。市販のクリームの中には、オーガニックと謳っていても100%植物由来ではないものもあるので、名前だけで選ばず、必ず成分はチェックして選びましょう。

    詳しく見る

  • 効果面、安全面でも、
    妊娠線予防にはクリームがおすすめ!

    妊娠線ケアには、伸びが良く少量で潤うオイルも人気がありますよね。ただし、オイルだけでそもそも保湿はできないので、保湿の持続性が重要になってくる妊娠線予防では、油分と水分をバランス良く含んだクリームが最適です。クリームなら、塗った後もベタつきないから、毎日のケアが快適。安全性の高さからもクリームを選ぶのがおすすめです。

    詳しく見る

  • 人気妊娠線予防クリームBEST5の保湿力、
    伸びの良さを比べてみよう

    今回二人目を授かって、気付けばリピ3本目です。無香料なのでつわり中でも使えるし、伸びが良いから塗りやすいです。私の場合、妊娠初期はお風呂上がりにつけて、8ヶ月目あたりから朝晩塗るようにしたら、マタニティラインはできずに出産できました。産後も全身に使えるので、量を気にせず使える大容量サイズがおすすめです!

    テクスチャ実験

    詳しく見る

妊娠線予防クリームの代用品一覧と
それぞれの特徴

妊娠線ケアクリームは代用品でもOK?

妊娠線ケアには専用クリームもありますが、なかには普段から使っていたスキンケアグッズやその他の化粧品で代用したいと考えている方もいるのではないでしょうか?特に敏感肌の人やお気に入りの化粧品がある場合には、妊娠線ケアに新しいクリームを取り入れるのに躊躇してしまうかもしれません。ここでは、妊娠線ケアに使える代用品についてまとめてみました。

  • ヒルドイドは
    妊娠線予防にも使えるの?

    保湿・血行促進・代謝促進の効能を持つヒルドイド。デリケートな子どもの肌にも使用できるほど安全性が高いとされており、乾燥肌の改善に優れた効果が期待できます。

    妊娠線予防には乾燥対策が欠かせませんが、ヒルドイドは医療用医薬品なので、医師の処方が必要です。妊娠線の対策をするなら、専用の予防クリームを使いましょう。

    詳しく見る

  • 馬油を使えば妊娠線を消すことができる?

    中国における馬油は約4000年の歴史もの持ち、古くから切り傷や火傷の治療に使われてきました。人間の皮脂と似ている成分を持つことから、人肌に馴染みやすく、皮膚組織の奥まで浸透します。保湿力に優れた馬油は妊娠線予防にも効果があり、残ってしまった妊娠線が薄くなったという声も。その効果を確認してみましょう。

    詳しく見る

  • 「キズ跡の肌」の保湿ができるバイオイル

    世界124カ国で販売されているスキンケアオイル、「バイオイル」をご存知でしょうか。キズ跡・ニキビ跡などあらゆる「あと」の保湿に重点を置いており、その使い心地の良さから多くの女性に愛用されています。加えて、妊娠予防にも効果が期待できるのだとか。バイオイルにどんな特徴があるのか、チェックしてみましょう。

    詳しく見る

よく読まれている
ページ