ベルタマザークリーム
(ベルタ)

シラノール誘導体入り

ナチュラルマーククリーム(ママ&キッズ)

育児誌で口コミ人気1位

マタニティクリーム
(AFC)

葉酸入り保湿クリーム

妊娠祝いにはママが使えるグッズを贈ろう

仲の良い友達や親戚が妊娠したという報告をもらった時、何かプレゼントを、と考えますよね。妊娠中におすすめなのはベビーグッズではなく、ママが使えるもの。妊婦さんは体調や精神面で変化が大きくナーバスな状態なので、少しでもリラックスしてもらえるものを選ぶと良いでしょう。ベビーグッズは出産祝いまでとっておくことがおすすめです。

妊婦さんにとって、妊娠線は大きな悩み。多くの人が早いうちから妊娠線ができないように対策します。

ですから、妊娠線を予防するクリームは妊婦さんにとって必須のアイテム。このようなことから、妊娠線予防クリームは妊婦さんへのプレゼントとして高い人気があります。

妊娠線予防クリームをプレゼントする前に確認しておきたいこと

誰にでも妊娠線予防クリームがプレゼントとして適しているとは限りません。下記の3点をチェックしてから贈るようにしてくださいね。

妊娠線予防クリームを必要としているか

多くの妊婦さんがクリームを使うものの、初産でなければすでに自分の肌に合うものを見つけている可能性がありますので、まずは「初産かどうか」が鍵。もし贈る相手が初産で、自分に出産経験がある場合は、自分が使っていた妊娠線予防クリームが良いものであれば、そのケアアイテムを贈るのも良いでしょう。ただし、体質の差もありますので「もし肌に合えば」という一言を添えるのを忘れずに。

またいつ頃出産予定かも大きなポイント。妊娠線の対策はお腹が大きくなる前から始めますので、妊娠後期であれば既にリピートしているクリームがあるかもしれません。この場合は新しいクリームを贈っても使ってもらえない可能性もあります。

つわりがひどくないか

専用の妊娠線予防クリームは、妊婦さんへの負担をできる限り少なくするように香りや刺激を抑えてあります。しかし、つわりがひどい妊婦さんの場合は、少しの香りでも具合が悪くなることも。

つわりがひどい時期には妊娠線の予防まで気が回らない場合もあるかもしれませんが、中には「せっかくもらったから」と無理してクリームを使い体調を崩してしまう可能性もあります。

このように、プレゼントをしたのにそれが逆効果になっては贈った側も贈られた側も悲しい思いをしてしまいます。

つわりがひどいという話を聞いたら、別のプレゼントにするか、少し時間をおいてつわりがおさまってから妊娠線予防クリームをプレゼントをした方が無難です。

あまりにも高価なものは気を使わせる可能性がある

これは妊婦さんへのプレゼントに限らず、一般的な贈り物にも当てはまることです。

高価なプレゼントは、贈られると嬉しい反面、「申し訳ない」と気を使わせることもあります。妊婦さんにストレスを感じさせることにも繋がりかねませんので、あまりにも高価なクリームはプレゼントとしては控えた方が無難かもしれません。

妊娠線予防クリーム以外の喜ばれるギフト

つわりがひどい時期だったり、すでに使っている妊娠線予防クリームがある場合は、他のプレゼントを考える必要がありますよね。おすすめは下記に挙げるようなプレゼントです。

  • ノンカフェインのコーヒーやハーブティ
  • 食欲がない時も食べられるスープセット
  • 抱き枕やクッション
  • 肌触りの良いタオルやパジャマ、靴下など

妊婦さんでも安心して飲んだり、使ったりできるものという観点で選ぶ必要がありますが、例えば妊婦さん応援ギフトやマタニティスープセットなど、妊婦さんに贈るために作られたセットもあります。 迷ってしまう場合は、専用に用意されたギフトを探してみると安心して贈ることができます。

結論
妊婦さんへのプレゼントは、贈る相手の体調も考えて

身近な人の妊娠のニュースはとても喜ばしいものですから、プレゼントを贈りたい!と思いますよね。妊娠線予防クリームが非常におすすめですが、チェックしなければいけない点もあるということを覚えておきましょう。

また、クリームの他にも妊婦さんに贈ると喜ばれるプレゼントもたくさんあります。贈る相手の喜ぶ顔を想像しながら、プレゼント選びを行いたいものですね。

よく読まれている
ページ