ベルタマザークリーム
(ベルタ)

ママたちの総合評価

ナチュラルマーククリーム(ママ&キッズ)

ママたちの総合評価

マタニティクリーム
(AFC)

ママたちの総合評価

オイルとクリーム、どっちがいいの?

妊娠線予防には、クリームの他にオイルも人気があります。一体、どっちを使うのが正解なの?それぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう。

オイルとクリームの
メリット・デメリット一覧

オイル編

オイルのメリット
  • ・伸びが良く、お腹や太ももなどの広範囲にも塗りやすい
  • ・クリームと比べると、1回の使用量が少なくてコスパが良い
  • ・肌に浸透しやすく、合成成分を使用しなくても使い心地が良い
  • ・スクワランオイルなど、専用品以外に代用できるものも多い
  • ・製品によっては、産後、ベビーオイルや髪のケア等に使えるものも
オイルのデメリット
  • ・油分だけで保湿はできないから、他に化粧水やクリームなどの水分が必要
  • ・塗った後、ベタベタしてすぐに着替えができない
  • ・オイルだけでは保湿の持続力がなく、逆に乾燥を招くことも
  • ・つわり中は、オイル独特の香りがキツくなりやすい
  • ・液ダレしやすく、ボトルがベタベタして保管場所に困る
  • ・ナッツ系のオイルは、経皮吸収によって赤ちゃんの食物アレルギーの原因になることも

クリーム編

クリームのメリット
  • ・水分と油分を同時に補給できるから、長時間うるおいがキープできる
  • ・肌になじみやすく、ベタつかないので使い心地が良い
  • ・オイルと違って、クリームひとつで妊娠線予防ができる
  • ・ベタつきにくく、すぐに着替えや家事がしやすい
  • ・こってり系、さっぱり系など、テクスチャーが豊富
  • ・お風呂上がりや朝にも、手軽にケアできる
  • ・植物エキスなどの美肌成分を配合した製品が多い
クリームのデメリット
  • ・妊娠線専用のクリームは、基本的に値段が高い
  • ・オイルと比べて1回の使用量が多いから、コスパはやや低め
  • ・合成成分が使われているものも多く、成分を見極める必要がある
  • ・製品によってはベタつくもの、保湿効果が低いものなど、善し悪しがさまざま
  • ・商品数が多く、自分に合ったクリームを見つけるのが大変

結論
"オイルなら高保湿だから良い"
とは限らない

効果面でも安全面でも、
妊娠線予防には「クリーム」が最適!

こうやって比べてみると、妊娠線予防のオイルとクリームには、使い心地や用途、保湿の持続性などにも違いがあることが分かります。より効果が期待できて、安全面でも安心して選ぶならクリームが最適です。

妊娠線を予防するために、最も重要なことが、保湿ケア。オイルは高保湿なように思われがちですが、油分と水分がバランス良く配合されたクリームの方が、お肌の弾力を高めつつ、長時間うるおいをキープできます。

めぐみ&まさるからひとこと

まさる

妊娠線予防にはオイルも人気だけど、オイルは製品選びが難しそうだね。ナッツ系のオイルはあまり赤ちゃんに良くなかったり、精油も避けた方が良いみたいだし。めぐみには安全面でもクリームを使って欲しいかな。

めぐみ

そうだね。私は、そもそも塗った後にベタベタするのがダメだから、最初からクリーム狙いよ!オイルって塗った手やボトルがベタつくのが面倒だけど、クリームはさっと塗るだけだから、妊娠中は楽なのも助かるな。

よく読まれている
ページ