ベルタマザークリーム
(ベルタ)

シラノール誘導体入り

ナチュラルマーククリーム(ママ&キッズ)

育児誌で口コミ人気1位

マタニティクリーム
(AFC)

葉酸入り保湿クリーム

妊娠線ができる原因とは?

一度できると完全に消すことが難しい妊娠線はなぜできてしまうのか。その原因についてくわしく解説しています。原因を知って、できないようにしっかりケアしていきましょう。

番外編として「妊娠線ができやすい場所」と「体質によってできやすい人とできにくい人の特徴」についても解説しています。

妊娠線ができてしまう
原因とは?

まさる

そもそも、どうして妊娠線ができてしまうのだろう。原因を調べてみたんだけど、注意しなきゃいけないことがいっぱいあったよ。しっかりチェックして予防していこう。

原因1:急激な肌の伸び

妊娠中は、赤ちゃんの成長に伴ってお腹が大きくなります。出産に備えて骨盤も広がっていくため、お尻も大きくなりますし、出産後の授乳に備えて乳腺が発達し、胸も大きくなるでしょう。このように、妊娠中のママの体は、全体的に大きくサイズアップするのが特徴です。

皮膚の表面は伸びやすいため、こうした体の変化にも対応できますが、皮膚の奥の真皮は、変化に対応しきれず、コラーゲン線維が断裂してしまうことがあります。妊娠線は、こうした断裂が肌の表面に現れたものなのです。

肌表面の傷であれば、新陳代謝などで治ることも期待できますが、真皮の傷はなかなか治りません。お腹が急激に大きくなり始める5~6カ月頃からは特に注意が必要です。

原因2:
乾燥で肌の弾力がなくなる

たとえ妊娠中でなかったとしても、女性の肌は乾燥することによってさまざまなトラブルに見舞われます。当然、妊娠中も同様で、乾燥が進むことでより妊娠線ができやすくなってしまうのです。

健康な肌は、真皮層のコラーゲンが水分と油分のバランスを適切にキープしてくれています。ところが、乾燥して水分や油分が失われてしまうと、肌は弾力を失い、ハリがなくなってしまうのです。

弾力を失った皮膚は、お腹やバストの急激なサイズアップに耐えることができません。その結果、真皮が断裂を起こして、妊娠線ができてしまいます。このような事態を起こさないためには、妊娠初期の段階から、お腹や太もも、バストなどの保湿ケアを徹底することが大切です。

原因3:
妊娠時のホルモン変化によるもの

妊娠すると、女性の体には大きな変化が起こります。そのうちのひとつが、女性ホルモンであるエストロゲン、プロゲステロン、ステロイドホルモン(コルチコステロイド)の分泌量の増加です。

副腎皮質ホルモンの総称であるコルチコステロイドの中には、糖質コルチコイドが含まれています。糖質コルチコイドは、肌に弾力をもたらす「繊維芽細胞」の増殖を抑える作用を持ったホルモンです。そのため、増加すると繊維芽細胞が減少し、皮膚が薄く硬く敏感になり、肌の弾力が失われてしまいます。

妊娠線ができやすい肌状態に陥ってしまう原因は、こうしたホルモン状態にもあるのです。急激なサイズ変化だけでなく、体の内側の変化も影響を及ぼしていることを覚えておきましょう。

ほかにもある!
妊娠線の原因まとめ

妊娠線は、急激な体型の変化によってできやすくなります。お腹の赤ちゃんが成長し、お腹が大きくなっていくのは当然のことですが、体重が増えすぎると、お腹も急激に大きくなってしまいます。

体重が一気に増えると、その分、妊娠線ができるリスクが高くなってしまうのです。また、妊娠中に増加するコルチコステロイドは、コラーゲンの生成を抑えて、肌の新陳代謝を抑制する作用があります。

そのため、肌のターンオーバーは抑制され、いつまでも古く乾燥した状態となり、肌は弾力を失ってしまいます。肌の弾力がなくなると、乾燥し、硬くなってしまうため、妊娠線ができやすくなってしまいます。

【番外編】妊娠線ができやすい場所とは?

特に妊娠線のできやすい部分がどこか調べてみて分かったのは、妊娠線ができやすい部分はお腹やお尻だけではないということ。どこにできやすいのかを把握して、しっかり対策しましょう。

お腹
お腹は妊娠線が一番できやすい部分です。妊娠中期から徐々に大きくなり始め、臨月にはパンパンに膨らんでしまいます。その分、皮膚も伸びてしまい、軽度の乾燥でもお腹全体がヒビ割れしたような妊娠線ができてしまうのです。
お腹の妊娠線は自分では見えにくいお腹の下にできやすく、発見が遅れがちになります。お風呂のときに鏡で確認したり、家族にチェックしてもらったりしたほうがよいでしょう。
胸(バスト)
お腹に次いで妊娠線ができやすい部分が胸です。お腹が大きくなり始めると同時に胸も大きくなり始め、大きくなるスピードに皮膚がついていかないことで妊娠線ができてしまいます。特に下半分から脇下に向かって大きくなっていくので、胸の下半分と脇下には注意が必要です。
さらに妊娠中は肌が乾燥し、皮膚の伸縮性が低下。それにより妊娠前より妊娠後のほうが妊娠線はできやすくなっています。小まめにケアして妊娠線を予防しましょう。
胸はお腹の下と同様に自分では確認しづらく、見逃しやすい部分です。お風呂のときに鏡で確認したり、家族にチェックしてもらったりしてください。
お尻
お尻は妊娠中に限らず脂肪がつきやすく、肉割れ線(妊娠線)ができやすい部分です。特に妊娠中は10キロ近く太ってしまう人も多いので、気付かないうちに妊娠線ができていたという状況も多くあります。
お尻だけではなく乾燥しがちな腰回りも要注意です。妊娠中に赤ちゃんが入っている子宮を支えるための骨盤が広がり、骨盤とお腹の両方に引っ張られる腰回りにも妊娠線ができやすくなってしまいます。さらに腰回りはお尻に比べもともと乾燥しているので、さらに妊娠線ができやすくなっています。
脚・太もも
妊娠中は大きくなったお腹とお尻を支えるため、太ももを中心に脚も太くなります。そのため、妊娠線もできやすく注意が必要です。中でも、太ももの内側や足のつけ根部分は妊娠線ができやすいので注意してください。
脚に妊娠線ができる原因は運動不足も影響しているようです。妊娠中はつわりで体調を崩すことも多く、中期を過ぎるとお腹の中の赤ちゃんが成長し、体が重くなります。そのせいで運動どころか、家事をこなすことも辛く体を動かすこと自体が減ってゆくのです。運動量が減るとその分、筋肉が脂肪に変わり、妊娠線ができやすくなってしまいます。
二の腕
意外と見逃しがちなのが二の腕です。二の腕は皮膚が柔らかく、上半身の中でも特に皮下脂肪がつきやすい部分。体重が急激に増加する妊婦さんは、二の腕がかなり太くなってしまい、妊娠線ができやすいのです。
また、二の腕は体型の変化とともに皮膚が乾燥しやすくなってしまいます。もともと皮膚が薄く、乾燥によってカサカサしやすいので、皮膚の弾力性が低下。そこに、妊娠によって急激に皮膚が伸ばされることで、妊娠線ができてしまいます。

「妊娠線ができやすい場所」について詳しく見る

【番外編】妊娠線ができやすい人・できにくい人の特徴は?

妊娠線ができやすい人・できにくい人の特徴についても調べました。自分がどのタイプなのかを知って妊娠線ケアに役立ててくださいね。

妊娠線ができやすい人

妊娠線は急激な体のサイズアップで起こるので、特に安定期に入り食欲が止まらなくなった人や、バストサイズが急激にアップしたという人は注意が必要です。その他、乾燥肌の人・2人目以降の妊娠だという人・双子以降の多胎妊娠だという人も妊娠線ができやすいので注意しましょう。

妊娠線ができにくい人

体重増加がゆるやかな人は、お腹が大きくなりにくいので妊娠線もできにくくなります。同様に、お腹の膨らみが小さい人も妊娠線ができにくいです。ただし、体重増加を避けるあまり、必要な栄養を摂らない・過剰な運動をすることはNG。母子の健康に必要な栄養は摂取し、適度な運動を心がけましょう。

ただし、妊娠線ができにくいという人も、油断してはいけません。肌の保湿に気を配ったり、血行を促したりして妊娠線を予防していきましょう。

「妊娠線ができやすい人・できにくい人」について詳しく見る

妊娠線を予防するには?

妊娠線を予防するには、スキンケアが欠かせません。乾燥していたり、弾力が失われた肌ほどできやすくなります。そのため、肌をしっかりと保湿し、柔軟にしてあげることが大切です。

クリームなどで保湿をする際には、マッサージをすると、血行が良くなり、皮膚もやわらかくなるのでおすすめです。

妊娠線予防には、専用のクリームを使うのがとくに効果的。伸びも良く、保湿効果も高め。匂いや刺激に敏感になっている妊婦さんの肌にもやさしい作りになっているものが多いです。

まさる&めぐみからひとこと

まさる

妊娠線ができる原因がよくわかったね。お腹が大きくなるからだけでなく、ホルモンなんかも関係してるのか。妊娠線ができやすい部分や、できやすい人・できにくい人の特徴も良く分かったよ。
保湿することがいかに大切かも改めて知れたし、さっそくしっかりケアしていかないとね。

めぐみ

うん。サポートよろしくね。お風呂上がりはもちろん、朝もしっかり妊娠線予防専用のクリームで保湿していった方がよさそうね。
妊娠線はできてからじゃ遅いから、お腹がまだ大きくならないいまのうちから、ちゃんとケアしていかなくちゃ。

よく読まれている
ページ