ベルタマザークリーム
(ベルタ)

ママたちの総合評価

ナチュラルマーククリーム(ママ&キッズ)

ママたちの総合評価

マタニティクリーム
(AFC)

ママたちの総合評価

正しい塗り方を知っておこう

妊娠線予防は、ケアの仕方も大切なポイントです。専用クリームは、普通のボディクリームとは成分や用途も違うので、正しい方法でケアしていきましょう。

お腹だけじゃない!
妊娠線予防クリーム
正しい塗り方とは?

ケアを始める前にまずは、妊娠線予防クリーム選びのおさらいから。クリームは、無添加&低刺激で、肌の保湿、ハリ、柔軟性をサポートする美容成分が入ったもの、伸びが良くベタつかないクリームを用意しておきましょう。

ケアを始める時期は、お腹が大きくなる前の妊娠初期がベスト。お風呂上がりにクリームを手に取ったら、一方向にスーっと優しく伸ばして全身を保湿していきます。無理にこすったりすると、かえって刺激になることもあるので、あくまでも優しくがポイントです。

部位別でもっとくわしくチェック!
妊娠線予防クリームの塗り方まとめ

妊娠線を予防するためにケアしておきたいのが、お腹、お尻、太もも、二の腕の4ヶ所です。妊娠初期~中期は、お風呂上がりに1回、臨月に近づいたら朝と夜の2回を目安に、クリームはたっぷりめを伸ばして塗りましょう。

お腹
お腹

クリームをたっぷり手に取って両手に伸ばしたら、下腹部から胸に向かってクリームを伸ばします。赤ちゃんに話しかけながら、お腹の中心から外側へまんべんなく。臨月には見えにくいお腹の下部分にも忘れず塗って下さいね。

お尻・太もも
お尻・太もも

クリームを両手で温めたら、太ももの皮膚を下から上へ持ち上げるように360度まんべんなく塗布します。お尻部分は、足のつけ根から腰に向かって、下から上へくるくると円を描くようにして伸ばします。

二の腕
二の腕

腕は、妊娠線ができやすい内側を重点的にクリームを塗布。片手にクリームを取ったら、もう片方の腕を絞りあげるようにしてまんべんなく塗ります。(※腕はマッサージしても大丈夫なので、リンパを刺激すると効果アップ)

塗り方のポイント

しっかりと保湿をして妊娠線の予防効果を高めるには、クリームの塗り方にもコツがあります。ケアするときは、次のポイントに注目してみて下さい♪

point1
クリームは
惜しみなく使おう

妊娠線ケアで最も大切なことは、クリームの量をケチらないこと。高価だからといって少量しかつけないでいると、妊娠線ができてしまうことも。全身に惜しみなく使うには、クリームはコスパの良い大容量タイプがおすすめです♪

point2
お風呂から出て
すぐに塗ろう

クリームを塗るタイミングは、体温が上がっていて、保湿成分が浸透しやすいお風呂上がりがベストです。臨月近くになったり、肌が乾燥するなと感じた場合は、朝と晩の2回に増やしたり、こまめに塗り直すようにしましょう。

point3
マッサージは
必要なし

クリームを塗る際は、基本的にマッサージは不要です。妊娠線専用のクリームには、水分と油分がバランス良く含まれているので、軽くなでるだけで保湿成分が浸透します。オイルなどのアイテムと比べると、毎日楽に続けられますね。

良いクリームを選ぶなら
伸びが良くて
保湿力も高いもの
がおすすめ!

妊娠線予防を行う際は、良いクリームを選ぶことも大切です。まず一番に選びたいのが、妊娠線予防専用のクリーム。配合成分や肌への優しさなども、全てが妊婦さん専用に作られているので、使い心地の良さが違います。

妊娠線予防には、保湿力だけではなく、肌の伸びやハリをサポートする成分も必要なので、それらが配合されているものを探してみましょう。妊娠線ができやすい部位をくまなくケアするには、伸びが良いクリームだとお手入れが楽になります。

めぐみ&まさるからひとこと

まさる

妊娠線予防クリームは、塗るときにもコツがいるんだね。お腹だけじゃなく、お尻や二の腕などもできやすいみたいだから、めぐみもしっかり全身ケアしなきゃね。まずは配合成分や使い心地にもこだわって、良いクリームを探そうね!

めぐみ

うん、そうだね。妊娠初期から出産まで使うとなると、使い心地が快適なクリームを探すことも大事よね。伸びの良さもそうだけど、ベタつかずに潤うやつがイイな!専用クリームなら、マッサージなしでOKというのは楽でうれしいね。

よく読まれている
ページ