ベルタマザークリーム
(ベルタ)

ママたちの総合評価

ナチュラルマーククリーム(ママ&キッズ)

ママたちの総合評価

マタニティクリーム
(AFC)

ママたちの総合評価

お尻

おしり

妊娠中は、急激な体重増加によって、
お尻自体も大きくなって妊娠線ができることがあります。とくにお尻は、普段見えないからとケアを怠る人も多く、肌トラブルが出やすい部位でもあるので注意したいですね。妊娠線がお尻にできやすい理由、正しい予防方法、ママ達の体験談も見ていきましょう。

どうしてお尻に
妊娠線ができるの?

おしり

急激な体重増加で、
知らずのうちにお尻もサイズアップ

妊娠中にかぎらず、お尻は普段から肉割れ線(妊娠線)ができやすい部位でもあります。もともと体重が増えると、脂肪がつきやすい部位なので、気付かないうちにお尻が大きくなっていることも少なくありません。

とくに妊娠中は、10キロ近く太る人も多いので、知らずのうちに、お尻に妊娠線がついてしまうんですね。

もともと太りやすいお尻は、水分量が多く、多少太っても簡単に妊娠線はできにくい皮膚で覆われています。しかし妊娠中は、妊娠前と比べてお尻にも妊娠線が出来やすくなります。なぜでしょうか。

それは妊娠中に増える「コルチコステロイド」というホルモンの影響が挙げられます。そのせいで妊娠中は肌の新陳代謝が悪くなり、全身の皮膚が乾燥しやすくなり、お尻にも妊娠線ができやすくなります。

妊娠線が出来るのはお尻だけではありません。お尻と比べると太りにくい腰回りにも注意が必要です。

妊娠中は赤ちゃんが入っている子宮を支えるために骨盤が広がり、お腹がどんどん大きくなります。腰回りの皮膚は広がる骨盤と、ふくらむお腹の両方に引っ張られます。

さらに腰回りはお尻と比べると、もともと乾燥している部位です。妊娠中はホルモンの影響で、さらに乾燥しやすくなります。お尻と比べて太りにくい部位ですが、ケアを怠ってはいけない部位です。

おしりにできる妊娠線の症状は?

おしりは妊娠によってサイズアップしやすいので、妊娠線ができやすい部位だといえます。

しかし、鏡で正面から見た時に映らないのがネックです。気づかない間にできてしまった妊娠線を放っておくと、ずっとケアできずそのままにしてしまい、気づいた時にケアをしてもなかなか改善しないということになりかねません。

また、おしりの妊娠線は深いものができやすい傾向にあるので、できないように予防することがとても重要になります。

参考:(PDF)新しい皮膚科学:第2版:真皮、皮下脂肪組織の疾患 [PDF]

おしりにできた妊娠線のケア方法は?

保湿をする

おしりは着席した時などに摩擦が起こりやすく、乾燥しやすい部位ですので、より念入りな保湿ケアが必要です。肌の奥まできちんと保湿できるアイテムを使用し、こまめにケアをしてください。

特におしりと太ももの境目の部分や、おしりの1番盛り上がっている部分を念入り保湿するとよいです。今までおしりが小さかった人は、サイズアップしやすいので、しっかりスキンケアをすることをおすすめします。

適度なマッサージ

肌が硬いと、皮膚が裂けやすく妊娠線ができやすいので、時間のある時に保湿剤を使用してマッサージを行い、肌を柔らかくしておくのも妊娠線を増やさないために有効です。

マッサージ専用のケア用品を購入する必要はなく、妊娠線予防クリームなどを使用して軽くマッサージすればOK。肌が柔らかくなることに加え、保湿剤がしっかり肌の奥まで浸透するので、より高い予防効果が得られます。

ウエイトコントロール

肌の表面のケアはなく、内面からケアをするにはやはりウエイトコントロールが大切です。

妊娠中は腰回りやお尻、太ももなどに脂肪がつきやすいので、お尻が大きくなりすぎないようにしたいですね。

食べ過ぎないように気をつけるのはもちろん、安定期に入ったら適度に体を動かすように意識しましょう。ウォーキングは足腰が鍛えられるのでお腹が大きくなってからしっかり体を支えることができるようになりますし、ヒップアップ効果もあり、かつ手軽にできるのでおすすめです。

お尻に妊娠線ができてしまった
ママたちの声

出産後、お尻と下腹部に一筋の妊娠線が…

妊娠線の存在は、妊娠がわかった時に初めて知ったものの、大して気にしてませんでした。ところが、ある日、赤ちゃん用品店に行く機会があって、ケア用品のコーナーに、メロンみたいなお腹の妊娠線の写真があってビックリ!!すぐさまクリームでケアしましたが、結局、下腹部とお尻に一筋の妊娠線が…。その後もクリームは塗り続けているけど、できてしまった線は消えなさそうです。(20代)

妊娠線はできてしまったけど、
今は悪くないと思える

妊娠線専用のクリームでケアしてたけど、妊娠7、8ヶ月の頃にお風呂上がりにお尻に一本の妊娠線が…!その後も線は増えていって、一番多かったのが太ももで、お尻やお腹にもできました。今思うと、できちゃったのは残念だけど、マッサージしながら赤ちゃんに話しかけるのは癒しの時間だったから、今は良い思い出かな。(20代)

お腹の正面しか保湿せず、油断してたら予想外なところに!!

妊娠線専用のオイルやクリームは値段が高かったから、保湿力が高くてお手頃なニベアを購入。毎日お腹を中心に保湿してたら、6ヶ月目に入った時のこと。クリームを塗ってなかった下腹の横部分にくっきりと線が…!!まさかこんなところに?!クリームを塗ってたのは、お腹の正面ばっかりで完全に油断してました。(30代)

お尻の妊娠線は
「妊娠線予防クリーム」
ケアするのがおすすめ!

お尻もお腹と同じで、妊娠線を予防するには、なるべく早い時期から重点的に保湿をしておくことが大切です。中には、クリームは買ったけどお尻に塗り忘れてしまった人、普通の保湿クリームでは潤いが足りずにできてしまった人などもいるので、妊娠線専用のクリームでしっかりお尻もケアしましょう。

専用クリームで保湿をしておけば、いざ体重が増加してお尻が大きくなった時にも、皮膚に潤いと弾力を与えることで、妊娠線ができにくくなります。

お尻やお腹などの広範囲をカバーするには、少量でしっかり潤う伸びの良いクリームがおすすめです。

お尻への妊娠線予防クリームの塗り方

お尻は自分で確認するのが難しい部分なので、妊娠線の有無がわかりづらくなっています。そのためケアが行き届かずに、妊娠線ができてしまうのです。また妊娠線ケアを始める時期が遅いと、お尻に妊娠線ができてしまいます。ちょっとお腹が大きくなり始めたタイミングで、お尻のケアも始めましょう。妊娠線予防クリームを使用したマッサージ方法は以下の通りです。

ステップ1

クリームを手に取り、お尻全体に馴染ませます。

ステップ2

お尻全体にクルクル円を描くようにして、時計方向に優しくなでてください。

ステップ3

時計方向になでた後は同じように、逆時計方向もクルクル円を描くように優しくなでましょう。

ステップ4

最後はお尻の付け根から腰に向かって持ち上げるようにして、優しくなでたら完了です。

マッサージは鏡を使用して、しっかりケアを行ないましょう。タイミングは血行が良くなるお風呂上りがおすすめです。妊娠線をできづらくするためには、日頃の継続したケアが大切となります。

お尻に妊娠線予防クリームを塗る際の注意点

脂肪がつきやすいお尻は妊娠線ができやすく、早めのケアが必要です。妊娠線予防クリームは効果的な手段ですが、ただ塗るだけではNG。クリームを塗る際は手のひらで温めて、良く伸ばすことを意識しましょう。塗るというよりは、肌を撫でることを意識してください。

まとめ

お尻は肉眼で見ることができない分、妊娠線の予防には気を配りたい場所。肌質などから、お腹よりもできやすい人も少なくないようですので、できるだけ早めにケアを開始して、妊娠線ができにくい肌を作れるように心がけましょう。

妊娠線予防クリームを使用すると、より高い保湿効果があり、妊婦さんに必要な成分を肌から吸収することができるのでおすすめですよ。

めぐみ&まさるからひとこと

まさる

たしかに考えてみれば、妊娠中に体重が増えると、お尻が大きくなるのは自然なことなのかもね。お尻に妊娠線ができちゃったママの中には、旦那に嫌われないか心配なんて意見もあったよ。何だか健気で泣けてくるね。

めぐみ

私が健気じゃないって言いたいのかな?(笑)でもお尻は、私も普段お手入れなんてホントしないから、油断してたっていうのもわかるなぁ。早めに知れて良かった!いろいろ調べてくれたまさるには感謝してるからね♪

よく読まれている
ページ