ベルタマザークリーム
(ベルタ)

ママたちの総合評価

ナチュラルマーククリーム(ママ&キッズ)

ママたちの総合評価

マタニティクリーム
(AFC)

ママたちの総合評価

脚

妊娠中は、大きくなったお腹を持ち上げるために、太ももやお尻、腰などもがっしりとしてきます。体重が増えると同時に足も太くなっていくので、お腹だけじゃなく、太ももも忘れずに妊娠線予防をしたいパーツのひとつです。どうして足に妊娠線ができるのか、その理由や予防方法をくわしくお伝えしていきます。

どうして脚に
妊娠線ができるの?

脚

妊娠中の体重増加や運動不足も原因のひとつ!

お尻と同様、太ももも元々脂肪がつきやすい部位のひとつです。妊娠中は、とくに急激に体重が増えることで、また大きくなったお腹を支えるために、妊娠前と比べて、太ももを中心に足が太くなります。

そのせいで、皮膚の奥のコラーゲン繊維が割れて、表面に妊娠線として現れてしまうのですね。

足に妊娠線がつきやすいのには、運動不足も影響しているようです。妊娠中は、つわりで体調が悪かったり、中期を過ぎてお腹が大きくなると、運動どころか、家事をこなすだけでも精一杯な状態に…!運動不足になると、新陳代謝や血行が悪くなり、もともとあった筋肉が、脂肪に変わっていきます。足を動かす機会自体が減ってしまうために、より妊娠線ができやすい状態になります。

足にできる妊娠線の症状は?

お腹はもちろんですが、足に妊娠線ができてしまうと気になってしまうのが足です。主に太ももやふくらはぎなどにできることが多く、ふくらはぎの場合は季節によって露出の多い部分なので、気になってしまうと思います。

太ものの付け根や膝裏の下の部分あたりにできやすく、できてしまった妊娠線は完全に元の状態に戻すことができません。

しかし、早い段階で保湿ケアをしっかり行うことで、赤い線の色が薄くなったり、目立たなくすることができます。

参考:(PDF)新しい皮膚科学:第2版:真皮、皮下脂肪組織の疾患 皮膚萎縮症[PDF]

足にできた妊娠線のケア方法は?

しっかり保湿をする

妊娠線を予防するには、まず保湿です。足は特に乾燥しやすく、保湿をしてもうるおった状態を維持できる時間が短いので、保湿力の高いアイテムを使用することと、こまめにケアをすることがとても重要になります。

妊娠線の予防に特化したアイテムを使うと、保湿力が高く使用感もよいのでおすすめです。

足の中でも細いところや、太りやすいと感じる部分は特に念入りにケアしましょう。

むくみを防ぐ

妊娠中はとてもむくみやすいので、むくみをケアすることは大切。むくみを放っておくと、そのまま脂肪に変わってしまうので、その日のむくみはできるだけその日に解消するように心掛けたいですね。

むくみの解消には専用のケア用品を使うのもおすすめですが、オイルなどを使用してマッサージすることが有効です。

足を壁にかけて、血流を上にもってくるようにするのもむくみの解消に効果があります。

長時間立ちっぱなしを避ける

むくみが起こらないような生活を心掛けることも重要です。長時間歩いたり、立ちっぱなしでいる状況をできるだけ避けることや、塩分の多い食事を控えるなど、むくみの元となってしまう行為をできるだけしないように意識しましょう。

利尿作用の高い飲み物を飲むようにすると、さらにむくみを防ぐことができます。妊娠中はノンカフェインの飲み物を摂るようにしたいですね。

足は妊娠中でなくても、体重が増えてしまったときに肉割れができやすい部分なので、妊娠線もできやすいと心得て、しっかり対策しましょう。

医学的に妊娠線を改善する方法、予防する方法というのはまだ定まっていないようですが、保湿をしっかり行うことで予防につながります。

専用のクリームを使用することでより高い保湿効果と予防効果が期待できますので、体重が増え始める前からケアを始めることをおすすめします。

脚に妊娠線ができてしまった
ママたちの声

妊娠線はできないもんだなぁと思ってたら、実はできてた!

出産で20kg太ったわりには、妊娠線はできないもんなんだなぁなんて、余裕こいてたのもつかの間。産後にお腹が小さくなってから体を見てみると、妊娠中には見えなかった部分のお腹の下と太ももの外側にしっかりと妊娠線ができてました(涙)気付いた時には遅し。今となっては、いつできたかもわからない状態です。(30代)

クリームを塗ってなかった
足にだけ妊娠線が…(泣)

2人目の出産の方が妊娠線ができやすいと聞いて、6ヶ月目あたりに妊娠線専用のクリームを購入。すでに20kg近く太ってたから、焦ってお腹や胸に塗りたくってました。が、いざ出産してみると何と足に妊娠線が!!クリームを塗ってたお腹や胸にはできず、塗ってなかった足に見事に線ができました。足にも塗っておけば良かったと後悔してます。(30代)

太ももの皮膚が赤くかゆみが出た時には、もう遅かった

妊娠4ヶ月目あたりから予防クリームを使って、お腹や胸、足も念入りにケアしてました。ところがある日、体重が増えたせいか、太ももの皮膚が少し赤くなってきた痒みが…。これはやばいかも!と思ったけど、もうすでに遅しで太ももにくっきりと妊娠線ができてました。あまり目立たない位置だったのは良かったけど、もっと早くケアしてれば良かったかも。(20代)

脚の妊娠線は
「妊娠線予防クリーム」
ケアするのがおすすめ!

お腹や胸、お尻と同様に、足も妊娠線ができやすい部位のひとつです。しっかりと妊娠線を予防するには、保湿力に優れた妊娠線専用のクリームでケアをしましょう。

遅くても体重が増え始める5ヶ月目頃には、ケアを始めて、お風呂上がりに太ももの裏や外側もまんべんなく保湿します。痩せ型の人は、足の皮膚が固いことが多く、より妊娠線ができやすいとも言われているので、早めに予防しておくと安心です。

お腹や足にも塗るとなると、クリームはコスパも気になるところ。ポンプ式の大容量タイプなどを選んで、賢くケアしたいですね。

足への妊娠線予防クリームの塗り方

太もも、足の付け根、ひざの裏

お腹の大きな妊婦さんにとって、太もも・ひざ裏・足の付け根といった部分に妊娠線予防クリームを塗るのは非常に困難と言えます。そのため、足台を使用して片足ずつ台に置き、クリームを塗るのがおすすめです。妊娠線予防クリームを両手いっぱいに広げたら足の付け・太もも・ひざ・ひざ裏の順番で、ゆっくりクリームを広げるのがポイント。その後は逆方向に足の付け根に向けて両手を滑らしましょう。

ふくらはぎ

妊娠初期はふくらはぎに妊娠線予防クリームを塗るのは簡単ですが、妊娠後期になると体を前に倒すことやよじることが難しくなります。安全性を優先して、壁や手すりなど体を支えられる場所で塗るようにしてください。またふくらはぎも足台を利用すると、塗る際にとても便利です。マッサージして血行を良くすると、妊娠後期や産後のむくみ予防になります。

妊娠線予防クリームの効果を発揮させる方法

妊娠線を予防するために重要となるのが保湿ですが、いくら高級なクリームを使用してもただ塗るだけでは効果を最大限に発揮できません。クリームを塗る際は、マッサージをして皮膚の奥まで浸透させるようにすることが大切です。体の裏側の太ももやふくらはぎは上から下、すねやひざなどの前面に当たる部分は下から上の流れで行なうと、より効果を得られやすくなっています。

足に妊娠線予防クリームを塗る際の注意点

妊娠中は体のバランスが崩れやすくなっているので、細心の注意を払って妊娠線予防クリームを塗りましょう。お家の人に塗ってもらえるのであれば、その方が安全です。

めぐみ&まさるからひとこと

まさる

なるほどねー、妊娠中は体重増加だけじゃなく、運動不足にもなるから、より足に脂肪がつきやすくなるんだね。マタニティードレスは丈が長いものが多くてわからないけど、けっこう太もものサイズも大きくなるのかもよ!

めぐみ

そうかもね。こういうの絶対ちゃんと調べないとわからないことだからコワイよね。お腹ならまだ出産の勲章とも思えるけど、足にできたら、なんかただ太った証みたいで私はそっちのほうがショックかも…。足も忘れずにケアしなきゃ。

よく読まれている
ページ