ベルタマザークリーム
(ベルタ)

ママたちの総合評価

ナチュラルマーククリーム(ママ&キッズ)

ママたちの総合評価

マタニティクリーム
(AFC)

ママたちの総合評価

二の腕

二の腕

妊娠線ができる部位といえば、お腹、お尻、足などが代表的ですが、実は上半身の二の腕にもできることがあります。とくに二の腕は、普段から露出している部位でもあるので、紫外線などにも注意してケアしていきたいですね。二の腕に妊娠線ができる理由、正しい予防方法、ママ達の口コミも見ていきましょう。

どうして二の腕に
妊娠線ができるの?

二の腕

上半身の中でも脂肪がつきやすいのが二の腕

妊娠線が二の腕にできてしまうのは、他の部位と同じ、妊娠による急激な体重増加が一番の原因です。妊娠中は、出産するまでの間に平均8~12kgほど体重が増加します。多い人では20キロ近く太ることもあり、お腹やお尻だけじゃなく、全身どこにでも脂肪がつくことで妊娠線ができる可能性があります。

中でも、二の腕は、皮膚が柔らかく、上半身の中でもとくに皮下脂肪がつきやすい部位。体重が増え過ぎた妊婦さんでは、二の腕がかなり太くなることも少なくないようです。

さらに妊娠中は、体型の変化とともにホルモンの影響で、皮膚が乾燥しやすくなります。二の腕はもともと皮膚が薄くて、カサカサしやすいこともあり、皮膚の弾力性が低下しやすく、伸びにくくなることで妊娠線ができやすくなります。

二の腕にできる妊娠線の症状は?

二の腕に妊娠線ができてしまった場合には、できるだけ早くケアを行うことが改善の近道になります。一度できてしまった妊娠線はすぐにきれいにすることが難しく、また何もなかったような状態にすることは不可能ですが、早めにケアをすることで少しずつ改善させていくことが可能です。

対処方法は、やはりしっかり保湿をすること。保湿によって肌を整えることで、ターンオーバーの乱れを改善し、新しい肌への再生を促します。

参考:(PDF)真皮、皮下脂肪組織の疾患 皮膚萎縮症_新しい皮膚科学:第2版[PDF]

二の腕に妊娠線ができてしまった
ママたちの声

妊娠線はてっきりお腹にできるものだと思ってたのに…

初めての妊娠で、予想以上のスピードでみるみる体重が増加!見た目も自分でハッキリわかるくらいポッチャリ体型になってたんですが、それよりもビックリしたのが、腕に妊娠線ができたこと!てっきり妊娠線はお腹にできるものと思ってたけど、私の場合、なぜか腕にできました。大幅な体重増加のせいかもしれないけど、ショックです。(30代)

クリームをケチったせいで
お尻や腕にも妊娠線が!

妊娠線予防クリームを買っては見たけど、どれも値段が高くて、お腹の周りだけ薄く伸ばしてケチって使ってました。そのせいなのか、出産後には、お尻やへその下、腕にも妊娠線が…!!ケアしてたお腹周りにもちらほらできてました。今は必死に専用のオイルでケアしてますが、こんなことならケチらず、最初からしっかりクリームでケアすれば良かったです。(20代)

腕の妊娠線のせいで
夏のオシャレが楽しめなくなった

妊娠中は、保湿ケアはしてたものの、下腹部に立派な妊娠線ができました。これはこれで赤ちゃんは元気だし、お腹は見せることもないからいっか~と思ってたら、ある日、母から「腕どうしたの?」と指摘されてビックリ。赤紫のモヤモヤした線が稲妻みたいに二の腕に入ってたんです!周囲から丸見えの場所だしショック…。それ以降、ノースリーブは着れなくなりました。(30代)

二の腕にできた妊娠線のケア方法は?

肌の乾燥を防ぐ

まずは、肌の乾燥を防ぐことが重要です。保湿ケアで普段から二の腕がうるおった状態を保つよう心掛けていても、妊娠中は肌が乾燥しやすいため、通常の保湿ケアでは保湿が足りません。よりしっかり保湿できるアイテムでケアをしてください。

妊娠線を予防することを目的としたクリームが販売されていて、保湿力が高く、妊娠線に特化して作られているため使ってみるとよいと思います。

紫外線を予防する

紫外線を予防することは、二の腕の乾燥を防ぐことにもつながります。日焼けをすると肌が乾燥しやすくなりますよね。夏でもできるだけ二の腕を露出しない服装を心掛けたり、UVクリームを塗るなどして日焼けを予防しましょう。

日焼け止めを塗った後は、きちんと専用のクレンジングかクレンジング剤で落とすことも大切です。妊娠中は日焼けしやすく、シミなどができやすいので、妊娠線と同時にシミの対策もしっかり行いたいですね。

体重が増えすぎないように注意する

妊娠線ができてしまのは、体に脂肪がついてしまい、今ある皮膚が脂肪によって軽く裂けたような状態になってしまうためです。

妊娠線がこれ以上できないようにするには、保湿ももちろん重要ですが、体重が過度に増えないようにすること、脂肪がつかないようにすることも大切です。

体重が増えすぎてしまうと妊娠中毒症などの原因にもなりますので、安定期を過ぎた後の食べ過ぎに気をつけたり、適度に体を動かすなど、健やかな体を保てるように心掛けましょう。

二の腕への妊娠線予防クリームの塗り方

内側の筋肉が柔らかく脂肪がつきやすいため、妊娠線ができやすい二の腕。比較的露出する機会が多いので、二の腕に妊娠線があることでストレスへつながる場合もあります。ストレスを抱えないためにも、妊娠線予防クリームを使用してしっかりマッサージを行ないましょう。効果的なマッサージの手順は以下の通りです。

ステップ1

二の腕の外側を掴んで、内側へと絞るように手でさすります。

ステップ2

腕の付け根からひじ方向へと、下から上へ揉んでいきます。

ステップ3

最後は内側を優しくなでます。マッサージをする際は妊娠線ができやすい内側を重点に、クリームを伸ばしながらリンパを刺激するのがポイントです。体重が増えるとともに二の腕も太くなる可能性があるので、こまめにケアしましょう。

二の腕に妊娠線予防クリームを塗る際の注意点

マッサージは続けていくうちに、力加減がわからなくなるケースがあります。そのため、自分が思っていたよりも強い力でマッサージしていることも。特に産後の妊娠線はできてから時間が経って間もないので、強い力でマッサージをすると妊娠線が広がってしまう可能性もあります。力加減には細心の注意を払って、マッサージは行うようにしましょう。特に上半身が太りやすい人は妊娠線ができやすいので、気を付けてください。また、妊娠線ができるとかゆみを生じることがありますが、かきむしるのはNGです。

まとめ

妊娠線は、一度できてしまうともとに戻すことが難しいので、できてしまった妊娠線をケアするよりも、できないように予防することがとても大切です。

そのためにはまずしっかり保湿すること、肌をよい状態に保つことにもつながりますので、ぜひ頑張ってケアしてみましょう。

手間がなくきちんと保湿できる妊娠線予防クリームがいろいろあるので、肌やテクスチャーの合うものを使用してみるとよいと思います。

二の腕の妊娠線は
「妊娠線予防クリーム」
ケアするのがおすすめ!

二の腕の妊娠線も、お腹と同様、妊娠中にきちんと保湿ケアをすることが一番の予防になります。とくに二の腕は他の部位よりも皮脂腺が少なく、もともと乾燥しやすい部位。

保湿に使うのは、水分を補いつつしっかりと蓋もしてくれるクリームがおすすめです。

妊娠線専用のクリームであれば、オイルと比べて保湿の持続効果が高く、ベタつきも少ないからお手入れが快適。お風呂上がりにまずは一回つけてみて、乾燥するようならこまめに塗り直すのがベストです。二の腕は、露出しやすい部位でもあるので、外出時は、紫外線にも気をつけるようにしましょう。

めぐみ&まさるからひとこと

まさる

妊娠中は、お腹や下半身まわりだけじゃなく、二の腕も太くなってしまうことがあるんだね。今のめぐみのスリムな体型からは想像つかないけども…。とくに二の腕は、周囲からも普通に見える部位だから気をつけなきゃね。

めぐみ

ホントまさるは心配性だよね。二の腕に妊娠線ができた人は、妊娠中に太り過ぎちゃった人が多いみたいだから、体重増加に気をつけて、専用のクリームでちゃんと保湿しておけば大丈夫だよ。私もまさるのおかげで、妊娠線ケアの知識はだいぶ身に付いてるからね♪

よく読まれている
ページ