ベルタマザークリーム
(ベルタ)

シラノール誘導体入り

ナチュラルマーククリーム(ママ&キッズ)

育児誌で口コミ人気1位

マタニティクリーム
(AFC)

葉酸入り保湿クリーム

戌(いぬ)の日とは

「戌(いぬ)の日」の戌とは、十二支に出てくる「戌」を指します。なぜ安産祈願に関係があるかというと、比較的お産が軽い上にいちどにたくさんの子犬を生む犬は、安産の象徴とされているから。「戌」と聞くと12年にいちど巡ってくる「戌年」をイメージしがちですが、実は12日にいちど「戌の日」も巡ってきます。安産の象徴である犬にあやかり、この戌の日に安産祈願を行うのです。

いつ安産祈願をするの?

戌の日のお参りをするタイミングは、ちょうど安定期に入る妊娠5ヶ月目を数える最初の戌の日が良い、とされています。ただし、必ずしもこの日に行わなければならないと決まっているわけではないと覚えておきましょう。妊娠中は何が起こるかわかりませんから、急に体調を崩すケースもあるかもしれません。

そんな時に無理してお参りに行くのはあまり良いこととは言えませんよね。お母さんと赤ちゃんのことを考えると、体調の良いタイミングでお参りに行くのがベストと言えるでしょう。戌の日に限らず、安産祈願のご祈祷を受け付けている神社やお寺もあります。

戌の日のお参りはどんなことをするの?

地域によっても多少異なるようですが、下記のような流れになります。

安産のご利益がある神社やお寺を訪れ、お祓いと祈祷をしていただく

妊婦さんの体と腹帯のお祓いをし、安産祈願をします。

腹帯とは、妊婦さんがお腹に巻く布のこと。お腹に巻くことで、大きなお腹が支えられて動くのが楽になりますし、赤ちゃんを守ることもできます。戌の日のお参りで祈祷していただく場合、さらしでできた腹帯が正式なものとされています。ただ、普段使っているガードルでも祈祷してくださるお寺や神社もありますので、念のためあらかじめ確認しておくと安心ですね。もし腹帯を持っていない場合は、神社やお寺で用意してもらうこともできます。

お祓いと祈祷をしていただいた腹帯をお腹に巻く

安産祈願を行う際には「戌の安産にあやかれますように」という願いを込めて腹帯を巻くのが正式な方法ですが、今は腹帯を受け取るのみという場合も多いようです。腹帯の巻き方を教えてくれる神社やお寺もありますが、あらかじめ病院で腹帯の巻き方を聞いておくのも良いでしょう。

戌の日の数え方

戌の日のお参りは、いつ行けばいいのかよくわからない人もいるかもしれません。インターネット上で自動計算してくれるサイトもありますが、せっかくですから自分で計算する方法を知っておきましょう。数え方としては、2つあります。

その①:出産予定日から数える方法

出産予定日から24周さかのぼったところが妊娠5ヶ月です。

その②:最終月経から数える方法

最終月経から16週経過したところが妊娠5ヶ月です。

いつが妊娠5ヶ月目に当たるかがはっきりとわかったら、干支の入ったカレンダーを確認します。すぐに戌の日を見つけられるはずです。

安産祈願のポイント

実際に安産祈願に訪れるときのポイントをご紹介します。

安産祈願の予約は必要?

どの神社やお寺に行くかによって異なりますので、念のためホームページや電話で確認をしておくと安心。一般的には、ある程度の規模の神社やお寺では予約不要のケースが多いようです。

安産のご利益があるとして人気の神社などでは、戌の日は非常に混み合うこともあり、長い待ち時間が発生することも。多少待たなければいけない可能性があるとすると、やはり体調の良い日に行くのがベストと言えますね。

初穂料の相場は3,000円から10,000円

お参りする時に納めるお金を「初穂料」と言います。戌の日のお参りの際にもこの初穂料が必要になります。金額についてははっきりと決まっていませんが、3,000円から10,000円程度を基本料金として設定しているところが多いようです。気になる場合にはお参りする神社やお寺に尋ねてみましょう。

どんな服装で行けばいい?

服装は特に決まりはありませんが、シンプルなワンピースなどを選ぶ人が多いです。神社やお寺に行ってお祓いと安産祈願をしていただくわけですから、カジュアルになりすぎないように気をつければ問題はないでしょう。露出の多い服装やサンダルは避けてくださいね。

誰と行けばいいの?

安産祈願には誰と行かなければいけない、という決まりごとはありません。両親と一緒に行く場合もあれば、夫婦二人で行く場合も。ですから、夫婦二人で話し合って決めると良いでしょう。場合によっては妊婦さんがひとりで行くケースもあるようですが、安定期に入ったとはいえ体調が変わりやすい時期でもありますから、誰かと一緒に行った方が安心です。

出産後、祈祷していただいた腹帯はどうしたらいいの?

腹帯は非常におめでたいものです。ですから、赤ちゃんの肌着や次に妊娠した時に洗濯替えなどに使うと良いでしょう。ただし、雑巾やおむつに使うのは厳禁です。使い終わった腹帯は、神社に持って行くとお焚き上げしていただくこともできますよ。

安産祈願は、体調が良いタイミングで

安産を祈願する、戌の日のお参り。絶対に行かなければいけないものではありませんが、お祓いをし、安産祈願をしてもらうことで妊婦さんの気持ちが安定するということもあるようです。

ただし、お参りをするタイミングは体調との相談が必要です。もし当日に体調を崩した場合には、自分と赤ちゃんの調子を考えてまた次の機会にしましょう。戌の日以外でも安産祈願を受け付けてくれるところもありますので、体調が万全な時に足を運ぶようにしてくださいね。

よく読まれている
ページ