ベルタマザークリーム
(ベルタ)

シラノール誘導体入り

ナチュラルマーククリーム(ママ&キッズ)

育児誌で口コミ人気1位

マタニティクリーム
(AFC)

葉酸入り保湿クリーム

妊娠中、敏感肌になりやすい原因と肌トラブル

妊娠中に敏感肌になってしまうのは、妊娠によるホルモンバランスの変化が原因と言われています。

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」と呼ばれる2つの種類があり、生理や妊娠、出産に大きく作用しています。さらに、肌のバリア機能や潤いを守るという働きも持っています。

しかし、妊娠すると女性ホルモンの分泌量が大きく変化するため、それに伴い肌質も大きく変化。肌が乾燥しやすくなったり、肌のバリア機能が低下したりすることで、敏感肌になりやすくなるのです。

敏感肌になるとさまざまな肌トラブルを引き起こしてしまいます。

敏感肌が原因で起こる肌トラブル

まさる

実際に敏感肌になってしまった場合、起こる可能性がある肌トラブルと対策法をご紹介します。

乾燥

肌が敏感になっている状態で外部からの刺激を受けると、肌の内部が炎症を起こしてしまいます。すると皮膚温度が高くなり、肌が保持している水分がどんどん蒸発してしまって肌が乾燥してしまうことに。

乾燥した肌は、外部からの刺激を受けやすい状態でもあるため、敏感肌がさらに悪化するという悪循環に陥ってしまいます。

炎症や赤み

上で説明した通り、敏感肌はバリア機能が低下しているため、外部からの刺激を受けやすくなっている状態。ちょっとした刺激で炎症を起こしやすいのです。炎症が起こると、肌が赤くなるという症状が出てしまいます。

また、敏感肌の時は皮膚がとても薄くなっているため、外部からの刺激を受けることで拡張してした毛細血管が透けて、肌の赤みとして見えてしまいます。

シミや色素沈着

「妊娠中はシミができやすい」と言われますが、これも敏感肌が原因。 敏感肌になると、紫外線などあらゆる刺激の影響を受けやすくなります。

私たちの体は、外からの刺激を受けると肌を守るためにメラニン色素を発生させる働きがあります。この時発生するメラニン色素は、シミや色素沈着の原因となってしまいます。

敏感肌は保湿・UV対策・汗対策を

敏感肌の対策は「保湿ケア」「UV対策」「汗対策」の3つ。それぞれの項目について、詳しく説明していきます。

保湿ケア

敏感肌の対策として大切なのは、「保湿ケア」。肌が乾燥している状態は、外部からの刺激を受けやすく、さらに敏感肌を悪化させてしまうことにつながります。

まずは肌の保湿を行って、悪循環を断ち切ってしまいましょう。

保湿するためのスキンケア用品を選ぶポイント

敏感肌は肌のバリア機能が低下している状態なので、スキンケアアイテムを選ぶ際には以下の成分にも注目してください。

  • 保水力が高いヒアルロン酸
  • 水分の蒸発を防ぐセラミド
  • 人間の皮脂膜と同じ働きをしてくれる美容オイル

不足している水分を保持し、水分の蒸発を防ぐことによって肌の乾燥を防ぎ、徐々に肌のバリア機能を復活させていきましょう。

また、肌に優しい成分で作られているケア用品を使うことも忘れないようにしてください。保存料や添加物が含まれておらず、匂いもあまり強くないアイテムを選ぶのもポイントです。

UV対策

次に、紫外線から肌を守る「UV対策」について説明します。

UVカットできる洋服を着たり、帽子や日よけなどのアイテムを使って紫外線をカットするとともに、日焼け止めのクリームを使いましょう。 日焼け止めクリームを使っても良いのか迷う人もいるかもしれませんが、使用する製品をきちんと選べば大丈夫。しっかりと紫外線への対策を行うことは敏感肌対策にもなります。

UVケアアイテムを選ぶポイント

UVケアアイテムを選ぶときには、どうしても「SPA」や「PA」が高いものを選びがちですが、妊娠中の肌は特にデリケートになっている点を忘れてはいけません。

ですから、紫外線吸収剤や界面活性剤が配合されていない、肌に優しい製品を選ぶことを心がけてください。ケアアイテムを選ぶときに、配合されている成分をチェックするようにしましょう。

汗への対策

妊娠中は、暑がりになり汗をかきやすくなる傾向があります。妊娠初期は基礎体温が高い状態が続き、代謝も上がるためです。びっくりするほど暑がりになってしまう妊婦さんもいるようです。

敏感肌になりやすい妊娠中は特に、汗のケアもきちんと行うことが大切です。

汗対策のポイント

まずこまめに汗を拭き取ること。吸水性の高いハンカチを忘れずに持ち歩き、汗をかいたらすぐに拭き取りましょう。肌に余計な刺激を与えないように、優しく拭き取ってください。

もう一つのポイントは、マタニティ用のインナーや肌触りや通気性の良い下着にするということ。マタニティブラは通気性や吸収性に優れているので、汗をよくかく人は下着を見直してみると上手に汗対策ができるはずです。

敏感肌対策に無理はNG。病院を頼るのも手

妊娠中は大きな体調の変化が起きる上に、肌トラブルも起こって戸惑うこともあるかもしれません。しかし、妊婦さんとお腹の赤ちゃんにとってはストレスを抱えてしまうのが一番良くありません。

肌が敏感になってしまったらまずは刺激が少ないアイテムで保湿をすることからはじめてみましょう。ただし、自宅でケアをしても良くならない場合は無理をせず、産婦人科や皮膚科を受診してくださいね。

よく読まれている
ページ

[PR]お得なポーチ付きキャンペーンセット♪
ナチュラルマーククリーム