ベルタマザークリーム
(ベルタ)

シラノール誘導体入り

ナチュラルマーククリーム(ママ&キッズ)

育児誌で口コミ人気1位

マタニティクリーム
(AFC)

葉酸入り保湿クリーム

妊娠中の胃痛とは

妊娠中の悩みの一つとしてあげられる胃の痛みや不快感。どんな症状が起きるのか、そして胃痛はなぜ起こるのかを見ていきましょう。

妊娠中の胃痛はどんな症状?

妊娠中の胃痛は、キリキリとした胃痛や胃の不快感、胃もたれ、吐き気などが起こる場合があります。妊娠初期から後期まで、胃の痛みが起こるタイミングはさまざまですし、痛みの程度もそれぞれ。そこで、実際に胃痛を経験した先輩ママの声を集めてみました。

  • もともと胃が弱かったのも原因だと思いますが、つわりが始まった頃から胃痛も感じ始めました。つわりで吐くことで胃が荒れてしまったのかなと思っています。
  • 妊娠後期になってお腹が大きくなってくると胃の痛みを感じることが多かったです。胃がキリキリする痛みと不快感でとても辛かったです。
  • 妊娠8ヶ月頃からがひどかったです。寝ているときに胃痛が起こることが多く、睡眠不足になりました。
  • 妊娠中に油っこいものを食べると、決まって夜中に胃痛で目が覚めていました。

妊娠中の胃痛は何が原因?

妊娠中に起こる胃痛は一体何が原因なのでしょうか。

  • 逆流性食道炎によるもの
    妊娠初期は特に、つわりに悩まされる人も多いでしょう。食べても吐いてしまう場合、吐くたびに胃酸が食道へ上がってきますので、胃の粘膜や食道が荒れてしまいます。吐くことを繰り返していると、逆流性食道炎を起こしてしまい、胃痛の原因になることも。妊娠中期に胃痛が起こる場合、つわりによる影響で逆流性食道炎になっているケースもあります。
  • 胃けいれんによるもの
    胃けいれんとは、胃壁の筋肉層が緊張して痛みを発生させるもの。極度の緊張やストレスによる場合と、胃炎などの病気が原因となる場合があります。胃けいれんがおきた場合、数分から2時間程度で治る場合がほとんどですが、それ以上続く場合は病院へ行って診察を受けてください。
  • 胃が圧迫されることによるもの
    妊娠中期以降になると、お腹が大きくなって胃が圧迫されます。すると胃の動きが悪くなって胃痛や胸焼けが起こる場合がありますし、胃が押し上げられて逆流性食道炎のような症状が起き、胃痛を感じることがあるようです。

妊娠中の胃痛を予防するには

辛い胃痛を起こさないようにするためにはどうしたら良いのでしょうか。

食生活に気を配ってみる

まずは食事の仕方に気を配ってみましょう。下記のような方法を試してみてくださいね。

胃への負担をかけない食生活を心がける

食事を一気にとると胃痛が起こりやすくなるので、少しずつよく噛んで食べましょう。目安としては一口につき約20回。よく噛むと胃への負担も軽減できます。

また、消化しにくいものや香辛料などの刺激が強いものを避けることも大切。消化しやすいものを選んで食べるようにしましょう。

空腹にならないように工夫する

お腹が空くと胃痛も起こりやすくなります。そこで、空腹の状態を作らないように意識するのも大切。ただ、ずっと食べっぱなしだと体重増加が心配ですから、1回の食事量を減らして食事回数を増やすのがおすすめです。

食事直後に横にならない

特に逆流性食道炎の症状がある場合は、食後30分は横にならないようにしてください。食べ物が胃に残っているのに横になると、胃酸の逆流が起こりやすくなるために胸焼けや胃痛が悪化します。そのため、特に夕食は寝る2時間前に食事を済ませるようにすると胃痛が起こりにくくなります。

ストレスをためないように気をつける

妊娠中は体の中でさまざまな変化が起こりますので、とても情緒不安定になりやすい時期。ストレスを感じる場面も多いでしょう。しかし、このストレスは胃にも悪い影響を与えてしまいます。

そのため、自分の中でストレスを解消する方法を見つけておきましょう。友達とのおしゃべりや趣味へ没頭してストレスを解消できれば、妊婦さんの体だけではなく赤ちゃんにとっても良い影響を与えます。

胃痛が起きた時に解消する方法

食事の仕方などに気をつけていても、胃痛が起こってしまった場合は下記の方法を試してみましょう。

シムスの体位をとる

体の血行を促し、妊婦さんでも楽な姿勢としてオススメの「シムスの体位」。体の左側が下になるように横たわり、右膝を曲げてうつ伏せ気味になる体勢です。胃痛が辛くて眠れない時には、この体勢を取ってみると楽になる場合もあります。

体を温める

体が冷えている時にも胃痛は起こりやすいので、湯たんぽやカイロを使って体全体を温めましょう。胃の痛みがひどい場合には、胃の部分を少し温めてみると痛みが和らぐことも。温めると弱っている胃腸も元気になります。

ツボ押しをしてみる

胃痛にはツボ押しも効果がある場合も。みぞおちとおへその真ん中にある「中かん」と呼ばれるツボは、胃痛を解消してくれると言われています。いきなり強く押すのではなく、徐々に圧をかけていくイメージで押してあげてください。

あまりに胃痛がひどい場合は医師の診察を受ける

自分で対処できる程度の胃痛であれば様子を見ても良いのですが、あまりにも胃痛がひどい場合や長い時間続く場合には、無理せず医師の診察を受けてください。

また、胃痛が起きた場合は薬に頼りたくなります。漢方薬や胃薬だから、と軽く考えず、こちらも妊娠中と医師に伝えた上で処方された薬を服用するようにしてくださいね。

よく読まれている
ページ

[PR]お得なポーチ付きキャンペーンセット♪
ナチュラルマーククリーム