ベルタマザークリーム
(ベルタ)

ママたちの総合評価

ナチュラルマーククリーム(ママ&キッズ)

ママたちの総合評価

マタニティクリーム
(AFC)

ママたちの総合評価

予防グッズを使う

腹帯は、大きくなったお腹を支えて安定させる役割がありますが、妊娠線の予防にも効果があると言われています。腹帯が妊娠線予防になる理由や腹帯の選び方、効果的な使い方について解説します。

妊娠線予防法のひとつ
「予防グッズを使う」とは?

妊娠線予防グッズのなかでも、とくにおすすめなのが腹帯です。
腹帯とは、安定期に入り、お腹が少しずつ大きくなってきた妊婦さんがつける腹巻のこと。昔はさらしを巻いていましたが、いまでは手軽な腹巻タイプが主流です。

腹帯をつけることでお腹が支えられ、大きくなるお腹が安定します。大きなお腹が何かにぶつかったときにも、お腹に直接衝撃が加わるのを防いだり、お腹が冷えるのも防いでくれます。

お腹を支えて安定させることで、皮膚に負担がかかるのを抑え、妊娠線の予防になるといわれています。

また、腹帯をつけることで、腰や背中の負担を軽くしてくれ、腰痛などの痛みを軽減してくれる効果も期待できます。

妊娠線予防のための腹帯の使い方

腹帯

現在主流の腹帯は、ガードルタイプや腹巻タイプのものです。ガードルタイプのものは、お腹に当ててマジックテープのベルトを留めればOK。

腹巻タイプのものは、そのまま履くだけです。腹巻タイプのものはサポート力が弱いので、ベルトタイプのものと組み合わせて使うことが多いようです。腹巻タイプの腹帯の上にベルトタイプのものを当てて、マジックテープで留めます。

昼間はサポート力の強いガードルタイプ、夜は締めつけない腹巻タイプというように使い分けると良いでしょう。腹帯をつけることで息苦しさを感じたときは、外してかまいません。

妊娠線予防クリームを塗ってから腹帯をつけると、保湿効果が持続するのでおすすめです。

妊娠線予防のための腹帯の選び方

腹帯にはいくつかの種類があります。

さらしタイプ
昔からあるさらしの腹帯。一枚布なので、どんな体型の人でも使うことができ、綿100%で肌に優しく通気性も◎。産後も使用できるので経済的。ずれやすく、巻くのに慣れるまでは面倒に感じることも。
ガードルタイプ
パンツタイプの腹帯。通常のガードルよりもお腹をサポートしてくれるように作られています。ずれにくく、シルエットもすっきりしているので、パンツを履くことが多い人や、仕事などで日中、頻繁に履き直しができないという人にもぴったり。
腹巻タイプ
筒状の腹巻型なので、装着も簡単。サポート力はそれほど高くないので、締め付けが苦手な人でも楽ちんです。脱ぎ履きがしやすいので、検診のときに便利。ベルトタイプとセットになっているものもあります。

それぞれ、素材や肌触り、締めつけ具合なども異なりますので、自分の好みや季節に合わせて使い分けるといいでしょう。

妊娠線予防のためには、保湿効果の高いものを選ぶのがおすすめです。

妊娠線予防クリームと
併用すると、
効果が高まることも

妊娠線のためには保湿が欠かせませんが、腹帯をつけることで肌の乾燥を防いで、保湿効果が期待できます。

さらに効果を高めるためには、妊娠線予防クリームをしっかり塗って、マッサージなどをしてから腹帯をつけると、保湿効果が持続し乾燥しにくくなるのでおすすめです。

ただし、妊娠線予防クリームのなかには保湿力の高いものもあるので、そういうクリームを選べば、わざわざ腹帯をする必要はありません。「腹帯をすると息苦しさを感じる」「腹帯が苦手」という人は、こういうクリームを選ぶと良いでしょう。

めぐみ&まさるからひとこと

まさる

腹帯って今まであまり聞いたことがないかも。冬場はお腹が冷えるのも防いでくれそうだし、使ってみるのもいいかもしれないね。でも寝るときは、腹帯をするとちょっと寝苦しいときもあるかもしれないから、そんなときは代わりに妊娠線予防クリームを塗ってケアすると良いみたいだよ。

めぐみ

そうね。私はあまり、締めつけられるのが好きじゃないから、腹帯よりもクリームを塗る派だな。保湿力の高い妊娠線予防クリームって、一体どれが良いんだろう…。ママたちの評判が良いクリームをチェックしてみなくちゃ!

よく読まれている
ページ