ベルタマザークリーム
(ベルタ)

ママたちの総合評価

ナチュラルマーククリーム(ママ&キッズ)

ママたちの総合評価

マタニティクリーム
(AFC)

ママたちの総合評価

スキンケアをする

妊娠線予防のために欠かせないスキンケアについてまとめてみました。妊娠線予防専用のものを使うメリットや、おすすめのスキンケア用品の種類、選び方のポイントについて解説しています。

妊娠線予防法のひとつ
「スキンケア」とは?

妊娠線の予防には、スキンケアは欠かせません。そもそも妊娠線とは、お腹が急激に大きくなることに皮膚がついていけずにできてしまうものです。

また、妊娠中に増加するホルモンの影響によって、肌の弾力が失われてしまうことで肌が弱くなり、皮膚組織に断裂が起こりやすくなるといわれています。妊娠線を防ぐためには、皮膚にうるおいを与えて、柔軟に保ってあげることが必要なのです。

妊娠中は湿疹やかゆみが起こりやすい

ホルモンバランスの乱れが大きくなると、体中がかゆくなったり湿疹ができたりする症状を引き起こすことがあります。妊娠すると女性ホルモンのプロラクチンが増え、皮膚の乾燥や肌荒れなどに影響。妊娠中は分泌量が多くなるため、さまざまな皮膚トラブルを引き起こしやすくなるのです。

また、大きくなった子宮に圧迫され、解毒に関わる肝臓や胆のうがうまく働かないケースも。体内の有害物質や老廃物の排出がうまくいかなくなり、皮膚がかゆくなるようです。

悪化すると妊娠性皮膚掻痒症に

かゆみがおさまらない場合、妊娠性皮膚掻痒症かもしれません。妊娠時に体中がかゆくなる症状で、女性ホルモンのバランスが崩れることで起こる皮膚の乾燥が原因だといわれています。湿疹を伴う場合は妊娠性痒疹の疑いがあるため、早めに皮膚科を受診しましょう。

妊娠性皮膚掻痒症や妊娠性痒疹が発症しているときは肌が敏感なので、いつも使っている基礎化粧品でも刺激を受ける可能性があります。そのため市販品ではなく、病院で低刺激の製品を処方してもらってください。

湿疹・かゆみを改善して妊娠線予防

妊婦さんはホルモンバランスが崩れやすく、冷房をつけていても寝汗をかいてしまいがち。起きたときには寝汗びっしょりで、湿疹やかゆみが出てしまうこともあります。

湿疹やかゆみを改善するには病院で薬をもらうのが一番ですが、普段のスキンケアとして保湿用のクリームも欠かさず塗りましょう。湿疹ができているところは避け、乾燥してかゆみが出ている箇所へ塗っておくと効果的です。

ただし薬を塗っても寝汗が改善しないと、いつまでも改善しません。寝汗を改善するには、冷房だけでなくアイスノンやおしぼりを使い、体温を下げる努力をすることが大切です。夜中に寝汗で目覚めたら着替える、おしぼりで体を拭くなど、冷やし過ぎやこすりすぎに注意して汗をかきにくい環境を整えましょう。

また、パジャマや肌着、シーツなどは通気性の良い素材や汗を吸収してくれるものがおすすめ。服と寝具の間で湿気がこもらないように、綿や麻などの衣類を試してみてください。

かきむしるのはNG!

ホルモンや解毒作用の低下など原因はいろいろありますが、かゆくなったり湿疹ができたりしてもかきむしるのは止めましょう。強くひっかいてしまうと皮膚がダメージを受け、メラニン色素を作ります。するとかいた部分が黒ずみ、跡が残ってしまうのです。

黒ずみだけでなく、新たな妊娠線の原因になることもあります。1年以上経過しても黒ずみが残っている場合があるので、なるべくかかないようにしてください。

もしひっかいてしまったのであれば、これ以上刺激を与えないように気を付けましょう。ぬるめのお湯で入浴する、低刺激のボディソープを使うなど対策することが大切です。黒ずみを薄くしたいなら、美白ケアや紫外線対策をするなど、メラニン色素を増やさないようにするのも◎。

とにかく黒ずみの原因を作らないようにすること、黒ずみを構成するメラニン色素を減らすことが第一です。

どんなスキンケアが良い?

かゆみは乾燥からくるため、油分と水分をバランスよく補うのがベスト。保湿クリームやマッサージ用のオイルなどを使いましょう。ただ塗るだけではなく、適度にマッサージすると効果が上がります。基礎代謝が高まるため、脂肪燃焼や引き締め効果が狙えるのも嬉しいところ。

スキンケアは、入浴後の血のめぐりが良くなった状態で行うのがおすすめ。毎日お風呂が終わったら、クリームやオイルをたっぷり塗りこみ保湿します。使うクリームが保湿力の高いものなら1日に1~2回、保湿力が低いのであれば数回使うと十分な効果が得られますよ。

妊娠線予防のスキンケアに
お得でおすすめなのは
「クリーム」

クリーム

妊娠線を予防するためのスキンケア用品には、クリーム、ジェル、オイルなどがありますが、おすすめはクリーム。オイルやローションよりも伸びが良く、塗りやすいという特徴があります。妊娠線予防のためには、お腹周りはもちろん、胸やお尻、太ももなど、広範囲にわたって塗る必要がありますから、伸びが良くて塗りやすいもののほうがいいでしょう。

妊娠線を防ぐためには、こまめにケアする必要がありますから、こうした手間が省けるのはうれしいですよね。

またクリームは、ジェルやオイルに比べて、塗った後はサラッとしているものが多いので、スキンケアをした後のベタつきが気になるという人にもぴったりです。

スキンケア用の
クリームって
どうやって選べばいいの?

妊娠線予防のためのクリームを選ぶ際、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

保湿効果の高さ
妊娠線予防のためには、保湿力の高さは必須。しっかりと保湿してくれる、効果の高いものを選びましょう。
お肌への優しさ
妊娠中は肌が敏感になる人が多いです。中には、肌質が変わってしまう人も。匂いにも敏感になるので、肌に優しく、香りなども控えめなものがおすすめです。
価格の手ごろさ
妊娠線を防ぐためには、たっぷりのクリームを毎日、場合によっては1日に何回か塗る必要があります。高いクリームを買っても、値段が気になってちょっとずつしか使えず、妊娠線ができてしまったというのでは意味がありません。毎日、たっぷり使える価格の手ごろさも重要です。

妊娠線予防専用のものを選ぼう

妊娠線予防のために、専用のクリームでなく、一般的なボディクリームなどで代用しようとしている人もいるかもしれません。でも、妊娠線はお腹ひび割れだから、肌の弾力を与えることが、保湿以上に大切。

一般のクリームより妊娠線予防専用のクリームのほうが、広範囲に使えるように伸びが良かったり、失われがちな肌の弾力をサポートしてくれる成分が入っている商品が多いです。

また、香りなども匂いに敏感な妊婦さんのために無香料だったり微香性のものが多いので、一般的なクリームよりも専用のものを選んだほうがメリットは大きいです。

毎日使うものだから、香りがなく安全なものが◎

妊娠中、とくにつわりの時期は、匂いにとても敏感になります。それまで使っていた洗剤や柔軟剤などが使えなくなってしまったという人もたくさんいます。

妊娠線予防用のスキンケア用品は、直接肌につけるものですからなるべく無香料のものを選ぶと匂いも気にならず安心です。香りのついているものであれば、香りをかいで試してから購入すると失敗せずにすみます。

"伸びの良さ"にも注目!

妊娠線を防ぐためには、お腹やお尻、太ももなどの広範囲にわたって、毎日クリームを塗る必要があります。どれほど保湿効果が高く肌に優しいものであっても、伸びが悪く塗りにくいものだとお手入れするのが面倒になってしまうことも。

伸びの良いクリームなら、全身にも塗りやすく、ストレスなく使うことができます。

めぐみ&まさるからひとこと

まさる

妊娠線予防には、一般のクリームを塗ってケアをすればいいというものではなくて、妊娠線予防専用のクリームを使うほうが断然良いみたい。クリームの選び方なんかも参考になりそうだね。

めぐみ

そうね。保湿だけじゃなくて、伸びの良いクリームかどうかもチェックしたほうがいいのね。でも、どの妊娠線予防クリームがいいんだろう。ママたちに人気のクリームが知りたい!

よく読まれている
ページ