ベルタマザークリーム
(ベルタ)

ママたちの総合評価

ナチュラルマーククリーム(ママ&キッズ)

ママたちの総合評価

マタニティクリーム
(AFC)

ママたちの総合評価

体重管理をする

妊娠線を予防するためには、体重管理をしっかりすることが大切です。外側からのケアだけでなく、身体の内側の管理をしっかりすることで、妊娠線を予防しましょう。体重が妊娠中の女性に及ぼす影響についてまとめました。

妊娠線予防と体重管理には大きな関係性がある

太りやすい傾向の人は妊娠線ができやすくなる

もともと太りやすい体質の方は、妊娠をきっかけに大きく体型が変化してしまうリスクがあります。なぜなら、妊娠することで食欲が増加する恐れがあるからです。もちろん、つわりで食べられないという方や、「食べづわり」のように食べていないと気持ち悪くなってしまう方、つわりがおさまった途端に急激な食欲に襲われる方もいます。体質的に太りやすい方が、こうした食欲に従ってしまうと、過度な肥満が起こって妊娠線ができてしまうのです。

皮下脂肪も妊娠線と大きな関係がある

「皮下脂肪」とは、皮膚の一番下、筋肉の上部分にある脂肪のことです。皮下脂肪はあまり伸縮性がないため、妊娠期の急激なサイズ変化に耐えられずに裂けてしまうことがあります。皮膚の表面の伸縮性だけを高めても、その下の皮下脂肪が裂けてしまうと、くもの巣のように縦横無尽に妊娠線ができてしまうことになるのです。

皮下脂肪がどのくらいあるかは、日頃の生活習慣だけでなく、遺伝によっても変わります。ですが、どのような方も、必要以上に皮下脂肪が増えてしまわないよう管理することが大切です。

体重管理は妊娠中の起こりうる
リスクを減らすことができる

妊娠中は、普通体型の方で7キロから12キロ程度、体重が増加するのが普通です。この程度なら赤ちゃんに必要な栄養を運ぶために必要なものだと言えるでしょう。ただし、これよりも体重が増えすぎると、妊娠線ができやすくなるだけでなく、妊娠中毒症や妊娠糖尿病、難産などのリスクも高くなってしまいます。一方、体重増加が少なすぎても、流産や早産などのリスクになってしまうのです。妊娠中は適切な体重管理が大切だと言えます。

めぐみ&まさるからひとこと

めぐみ

あんまり体重が増えすぎるのは避けたいなって思ってたけど、体重増加が少なすぎるのもダメなのね。適切な体重をキープするのって、大変そうだけど、赤ちゃんと自分のためにもしっかり管理しなくっちゃね。

まさる

おなかに赤ちゃんがいる分、たくさん食べてもらった方が安心だと思ってたんだけど、増えすぎもいけないんだね! 頑張ってくれてるめぐみにお土産を買って帰りたいけど、ケーキじゃなくてヘルシーなおやつにしようかな。

よく読まれている
ページ