ベルタマザークリーム
(ベルタ)

シラノール誘導体入り

ナチュラルマーククリーム(ママ&キッズ)

育児誌で口コミ人気1位

マタニティクリーム
(AFC)

葉酸入り保湿クリーム

ユースキンA
ユースキン

肌全般の保湿に役立つ「ユースキンA」は、妊娠線予防アイテムとしても優秀と口コミで評判のアイテムです。そんな「ユースキンA」の成分や人気の理由、実際に使った方の口コミについてまとめました。妊娠線ケアアイテムを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ユースキン
引用元:ユースキンA(ユースキン製薬)公式サイト
http://www.yuskin.co.jp/products/a/01.html
だからママに選ばれる!

ユースキンA
」が
人気な理由

  • 60年もの間
    人々から愛され続ける定番商品

    60年以上も前の1957年、ユースキンA(当時のユースキン)は発売されました。べたつかないハンドクリームが存在していなかった当時、塗り込んでしばらくすると肌に浸透するユースキンAは画期的なもの。その後も多くの人から愛され続け、今やユースキンAはすっかり家庭でお馴染みの保湿クリームとなりました。

  • 医薬部外品に指定
    されているから効果が高い

    ユースキンAは、「指定医薬部外品」です。指定医薬部外品とは、医薬部外品のうち2009年の薬事法改正に伴って、医薬品から医薬部外品になったものを指します。このため医薬品に比べて効果は穏やかですが、化粧品に比べると高い効果が期待できるでしょう。比較的安全性も高いので、妊娠中の方でも不安感を抱かずに使えます。

  • ヒビやあかぎれにも
    使えるから家族みんなに役立つ

    ユースキンAの効果・効用は「ヒビ・あかぎれ・しもやけ」となっています。一見すると妊娠線予防には関係がないようですが、実際にはこれらを改善させるだけの高い保湿力がポイント。妊娠線もまた乾燥が大きな原因であり、保湿によって予防効果が期待できるのです。もちろん上記以外の肌トラブルにも利用できるため、家族みんなで使えます。

「ユースキンA」に含まれる成分の効果は?

グリセリン

グリセリンは「グリセロース」ともよばれるアルコールの一種であり、無色透明で粘性の高い性質を持っています。高い保湿力を誇ることから、多くの化粧品に配合されている成分です。水と馴染みやすく、濡れたお肌へ使うにもいいでしょう。また、水と混ざることでじんわりと温かくなる性質を持っているため、温感マッサージなどに利用されることもあります。

グリチルリチン酸

あまり聞きなれない名前の「グリチルレチン酸ステアリル」ですが、その正体はカンゾウの根から作られるグリチルリチン酸の誘導体です。抗炎症作用、抗アレルギー作用などの働きを持っており、皮ふの薬などにも使われています。刺激が少なく、安全性が高いことから、敏感肌の方でも使える優しい化粧品に配合されることも。皮ふトラブルを鎮めてくれる働きが期待できます。

「ユースキンA」を使ってみた
先輩ママの口コミ評判まとめ

GOOD
良い口コミまとめ
  • オイルと併用すると保湿力がアップします

    妊娠中はオイルをメインに乾燥対策をしていました。でも、オイルだけだとカバーしきれないくらい、ひどく乾燥してしまう場所があったんです。そういうときに役立ってくれたのが「ユースキンA」でした。乾燥しているせいでかゆみが出てしまっているところや、ヒビなどの肌トラブルが出てしまったところに塗ると、しっとり潤ってくれます。(年代不明)

  • いろいろ試したけど一番いいのはユースキン!

    いろいろな妊娠線ケアアイテムを試しましたが、結局一番良かったのはユースキンAでした。急にお腹が大きくなった頃、かゆみや赤みが出てしまいましたが、ユースキンAをたっぷり塗ったら落ち着きました。お風呂あがりに1回使うだけで潤いが持続します。プチプラだし薬局で買えるし、本当に優秀です!(年代不明)

  • 妊娠8ヶ月目ですが妊娠線のない綺麗なお腹です

    妊娠線のことが心配になり、ネットの情報や口コミをたくさん調べました。その結果わかったのは、妊娠線予防には保湿が大切ということ。ユースキンAは保湿力があるので、妊娠線ケアはこれで十分だと思います。実際、もうじき9ヶ月目になる8ヶ月のママですが、妊娠線はできていません。妊娠線予防だけじゃなく顔のケアにも使えるのが便利です!(20代)

  • 妊娠線ケアは保湿力抜群のユースキンAで十分

    妊娠線ケア用品ってどれも結構高くて、どれにしようか迷っていました。ひとまずは、その場しのぎのつもりで家にあったユースキンAを塗ってみたらびっくり。「これで十分」っていうくらいの素晴らしい保湿力です!そのあとで高級妊娠線ケアクリームをプレゼントしてもらったのですが、保湿力はユースキンAのが上でした。(20代)

  • 妊娠線ができてしまって慌てて使い始めました

    ふたり目を妊娠中、ひとり目のときにはできなかった妊娠線ができてしまいました。それまでケアは一切しておらず、慌てて予防クリームの購入を検討。それで選んだのがユースキンAでした。気軽に買えるし、よく知っている会社の製品だから信用できると思ったのが理由です。その後、ひどくなることはなかったので選んで正解でした。(30代)

良い口コミの総括

コスパに優れているうえに、よく知っている製品だから信頼度できるという口コミが目立ちました。さらに保湿力が高いことから、専用アイテムではないものの、妊娠線予防用のアイテムより良いという声も。選ぶときに重視したいポイントを兼ね備えたクリームだといえるでしょう。どこででも気軽に買えるので、試しやすいというのもメリットです。

BAD
悪い口コミまとめ
  • 香りがきついし、肌にも合いませんでした

    ぎょっとするような黄色い色に戸惑いながら使ってみました。かなりにおいがきつくて、薬っぽい感じです。香りに敏感な妊婦さんは控えたほうがいいかもしれません。また最初は大丈夫だったのですが、塗る範囲を増やしてみたところ塗ったところがかゆくなってしましました。お腹に使うのは怖いので、ハンドケア用に切り替えます。(30代)

  • 妊娠9ヶ月目で妊娠線ができてしまいました

    ユースキンAはお肌もすべすべになるし、ポンプタイプもあって使いやすいし、お気に入りの商品でした。でも、結局9ヶ月目に入って妊娠線ができてしまう結果に。がんばってケアしてたつもりですが、やっぱりできるときはできてしまうんでしょうか。ユースキンAのせいかどうかはわかりませんが、残念です。(年代不明)

  • 潤っているというよりは毛穴がつまっている感じ

    口コミが良かったので買ってみました。お風呂で使ってみたところ、確かに肌の上にオイルで蓋をされているような感じはしますが、潤いを閉じこめているというよりは、毛穴がつまったような感覚です。普通に塗るとべたべたして浸透しないし、私には魅力がわかりません。においもきつくて、彼からの評判もよくありませんでした。(30代)

悪い口コミの総括

肌に合わなかった、べたつきが気になるといった口コミがいくつか見られました。また、独特のにおいについて不満を感じている方も多いようです。とは言え、香りの感じ方には個人差があります。ユースキンAはドラッグストアなどにも置かれているため、サンプルなどで確かめてから使ってみると良いでしょう。

まさるより

まさる

僕の実家にもあった「ユースキンA」で妊娠線予防ができるなんて、びっくりだよ!普通の手荒れや肌荒れにも使えるから、妊娠線予防だけじゃなくいろんな用途で活躍してくれるだろうね。でも、においは少し気になるな。妊娠中は香りに敏感になるだろうから、いつも以上に気をつけないといけないよね。まずはめぐみと一緒に実物をチェックしてみようかな。

商品情報

販売会社 ユースキン製薬株式会社
販売会社(本社)の住所 神奈川県川崎市川崎区貝塚1-1-11
容量・価格 30g 420円(税抜)
60g 780円(税抜)
70g 830円(税抜)
120g 1,240円(税抜)
260g本体 1,505円(税抜)
260g付替えカートリッジ 1,315円(税抜)
おもな配合成分 ビタミンE酢酸エステル、グリチルレチン酸、dl-カンフル、グリセリンほか
香り 無香料

よく読まれている
ページ